New

コラム


 
共働きに便利なIT、第3回は「アルバムを共有しよう」です。

スマホにコンデジ・一眼レフ。デジタルになって手軽に何枚でも撮れるようになった「写真」ですが、ついつい撮りすぎると整理が大変になりがち。

さらに撮ったはいいものの、一度も見返したことがない…ということも多いのではないでしょうか?そもそも写真をどのように管理するか。
筆者としては「保存」と「共有」の2つに分けると使いやすいと考えています。

●まずは写真を保存する定位置を決めましょう

スマホ・デジカメなど写真を撮るカメラは複数ある場合が多いと思うので、それぞれで撮った写真の「データを一箇所に集める」ということが大切です。
デジカメで撮ってSDカードに保存しっぱなしだとSDカードをなくしたり、誤ってフォーマットして消してしまったりということもあります。
スマホも容量確保やスマホ自体が故障した時の事を考えると、定期的にデータを移すことが大切です。
この場合、最も多いのは「パソコンに移す」という方法かと思います。
パソコンに「写真」など所定のフォルダを作り、その中に日毎やイベント毎にフォルダを作って保存するのがいいでしょう。
またパソコン本体に保存するのもいいですが、外付けのハードディスクドライブを用意して、そこに入れておくというのも一つの手段です。
パソコンは、普段使っている場合それだけハードディスク(以下HDD)の読み書きが多く、壊れるリスクも高めです。
単純に保存しておくだけ…と考えれば、外付けHDDでも十分ですし、必要な時にHDDだけ持ち運べるという利点もあります。
データの破損をとても気にするという方は、パソコンと外付けHDDの2重で保存したり、定期的にDVDやブルー・レイなどに焼いて保存するというのもいいでしょう。

●共有用に写真用クラウドストレージを使いましょう

さて保存が万全でも、せっかく撮った写真は家族や友人と共有したいですよね。
授業参観に行ったママが撮った写真をパパと共有したり、パパと息子の2人旅の様子を家族で共有したりできると楽しいですよね。
そんな時は、前回の記事にも出てきた「クラウドストレージ」を使いましょう。
写真の場合は、共有が手軽にできる写真用のクラウドストレージサービスも多く出ています。
ここではいくつかのサービスをご紹介してみたいと思います。

つづきはコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170828.html

とっかかりは大変かもしれないけど、やってみれば意外と簡単便利なIT技術。
ぜひぜひ参考にされてくださいね! tags[福岡県]

共働きに便利なIT、第3回は「アルバムを共有しよう」です。 スマ ...

もっと見る

小学校・中学校のお子さんがいらっしゃると、テストや学校・学級からのお知らせ、PTAからの資料など、学校からもらうプリントの量が非常に増えますよね。
そんなプリントを上手く減らし、且つ「共有」するということを、スマートフォン一つで解決してみましょう!

●スキャナアプリとクラウドを使って紙を減らす

実際にどうやってプリントを減らすのか?
キーワードは「スキャナアプリ」と「クラウドストレージ」の2つです。

プリントは、スマートフォンの「スキャナアプリ」を使って一旦「画像」にします。データとして保存ができれば、そのプリントは心置きなく捨てることができます。

ただ、スキャンしたプリントデータをスマートフォンの中に保存しておくと、スマートフォンの容量を圧迫してしまいますし、スマートフォンが故障したり紛失したりするといっぺんにプリントデータを失ってしまいます。
さらに「パパ・ママで共有する」ということもやってみたいところ。

そこで、保存は「クラウドストレージ」を使うと安心で便利です。


●スキャナアプリ

まずスキャナアプリですが、現在ではスマートフォン向けに多くのスキャナアプリがリリースされています。

スキャナアプリの最大の特徴は「キレイな書類として読み込んでくれる」という点です。ある程度斜めから撮影しても、キレイな四角いプリントとして認識・補正してくれます。あとから見直した時に文字の歪みも少なくなるので、読み返しがとてもラクにできます。

プリントをデータ化する時の考え方として、まず「一回読めばいいもの」は、どんどんスキャンして紙は捨てていきましょう。
アンケートなど返信がいるものは、記入した後でスキャンすれば、あとで自分がどう返答したのかを含めて見返すことができます。
キリトリ線があるものも、スキャンしてから切り取るとよいですね。
もちろん「捨ててはいけない書類」もあると思います。
そういうものだけは別途ファイリングするなど、目的をしっかり分けておくとよいでしょう。

アプリですが、筆者は「Evernote Scannable」「CamScanner」などを使っていますが、たくさんのスキャナアプリがあるので、まずはイロイロなアプリを試してみると良いでしょう。

使い勝手が悪ければ、アプリを消して、別のアプリをどんどん試していきましょう。
またこのあとに出てくる「クラウドストレージ」との相性もあるので、使い勝手を見ながらアプリを変えていっても、ほぼ問題はありません。


「クラウドストレージ」についてなど、つづきはコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170807.html

とっかかりは大変かもしれないけど、やってみれば意外と簡単便利なIT技術。
ぜひぜひ参考にされてくださいね! tags[福岡県]

小学校・中学校のお子さんがいらっしゃると、テストや学校・学級か ...

もっと見る

いまや主婦でも7割がスマートフォンを持っている時代。
ITを上手く活用すれば、いろいろと便利になることもたくさんあります。
ぜひ参考にしていただければと思います。第1回目は「カレンダー」についてです。

●スケジュール管理のミスはトラブルのもと

 IT活用のカギ。それはズバリ「共有」です。
特に「スケジュールの共有」というのは家族にとって大事なもの。
パパとママの会話で「え?それ聞いてない」とか「あれ?そんな予定あったっけ?」なんていう会話、一度はしたことがありませんか?
伝え忘れ、憶えていない、聞き間違いなど、スケジュールを上手に共有できないとトラブルの元にもなりますよね。
そこで、スマートフォンで「共有カレンダー」を利用することで、これらのトラブルを減らしたり、なくしたりすることができるようになります。

●共有カレンダーのメリット

「共有カレンダー」はその名のごとく「カレンダーを共有する」ことです。
カレンダーを共有するメリットとして、たとえば…

・学校行事等をママが書き込むことで、パパも子どものスケジュールを知ることができる
・パパが飲み会の日を書き込むことで、ママも晩ご飯の予定が立てやすくなる
・ママが仕事が遅くなる日を書き込むことで、パパの仕事調整に役立てる

  などが考えられます。もちろん上記はメールやチャットなどで連絡するだけでもいいのですが、
前もって確認した日程などは、近くになって「あれ何日だっけ?」「あれって何時からだったっけ?」と思いがちです。
そんな時に共有カレンダーがあれば「何日の何時から」という予定を再確認でき、わざわざ連絡を取り直す必要もありません。
「だから◯日っていったじゃん!」という文句も減りますね(笑)

●Googleアカウントを利用したカレンダー共有

どのアプリを利用するにしても、共有カレンダーを設定するには次の流れが一般的です。

アカウントを作る
↓
カレンダーを作る
↓
共有したい人のアカウントに共有リクエストを出す
↓
共有リクエストされた人が承認する

今回は「Googleカレンダー」を例に、「パパがママにカレンダー共有を出す」という事を想定しながら、
実際の設定方法をご紹介していきたいと思います。

つづきはコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170807.html
 tags[福岡県]

いまや主婦でも7割がスマートフォンを持っている時代。 ITを上手く ...

もっと見る

人間生活をしていると、どうしても「ミス」は発生するもの。
もちろん仕事も同じですね。今回は「遅刻したら減給ってアリ?」と題して、
減給の際のルールや、労働者が受けるペナルティについて説明したいと思います。

●結論からいくと減給はアリ
「遅刻したら給料が減るはアリか?」と言われれば、結論としては当然ありえます。
しかし、この場合大きく2つの意味での「減給」があります。
1つは「実質働いていない分の給料を差し引く」というもの、もう1つは「ペナルティとして給料を差し引く」というものです。

「遅刻をしたのだから自分が悪い」と甘んじて減給を受け入れるということもあるかと思いますが、
「減給」については法律でも定めがあるため、どこまで許容されるのか知っておくとよいでしょう。

●ノーワーク・ノーペイの原則
「減給」を考える時に、まず押さえておきたい基本は「ノーワーク・ノーペイの原則」です。
そもそも「給料」とは、労働の対価として雇用主が労働者に支払うものです。
働いた分の給料は、キッチリ労働者に支払われなくてはなりません。
3時間働いたら3時間分の給料が、5時間働いたら5時間分の給料が支払われるのは当然です。
逆に言えば「5時間の労働時間だけど1時間遅刻した」といった場合は、4時間しか給料が支払われなくても当然です。
「時給800円のお仕事で、30分遅刻した」といった場合に、400円分の給料が引かれたとしても問題はありません。

このように「働いた分は支払わなければならない」「働いていない分は支払わなくてよい」といった原則を「ノーワーク・ノーペイの原則」といいます。
まずは「実質働いていない給料は受け取る権利はない」ということを知っておきましょう。
(ちなみに「働いていない分支払われなかった」というだけですので、「ノーワーク・ノーペイ」は厳密には「減給」とは異なります。)

他にも懲戒処分としての減給など詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170626.html

#転職
#復職
#アルバイト
#パート
#主婦 tags[福岡県]

人間生活をしていると、どうしても「ミス」は発生するもの。 もち ...

もっと見る

働く時間は人によって様々。1日3時間の人もいれば、1日8時間の人もいます。
週10時間の人もいれば、週40時間の人もいます。
残業や休日出勤などでもっと多くなる人もいるでしょう。
では、「稼ぎたいから働けるだけ働く」というのは可能なのでしょうか?
今回は、労働時間について解説していきます。

●法定労働時間と法定休日
「使用者は労働者に、休憩を除き1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはならない」という法律があります。
これが、「法定労働時間」です。
この場合の1日とは、午前0時~翌午前0時までの暦日を指し、勤務が2日に渡って継続した場合でも1勤務として取扱い、
その勤務は始業時刻の属する日の労働となります。
つまり、1日の午後6時~2日の午前3時まで働いた場合、2日間の勤務として計算するのではなく、
1日の勤務として8時間(休憩1時間の場合)働いたことになります。
また、「使用者は労働者に、毎週少なくとも1回の休日をあたえなければならない」という法律があります。
しかし、業種によっては週に1回の休日を与えるのが難しい仕事もあります。
その場合、代わりに「4週間に4日以上の休日を与える」という方法を採用することもできます。
これらが、「法定休日」です。

●36(サブロク)協定
「法定労働時間を超えて労働させる場合や、休日労働をさせる場合には、
あらかじめ労働組合と使用者で書面による協定を締結しなければならない」という法律があります。
つまり残業や休日出勤がある場合は、あらかじめ労働者代表の合意が必要ということです。
これは、労働基準法第36条にあることから、通称「36(サブロク)協定」と呼ばれています。
しかし、36協定を締結したからといって、無限に働かせていいということにはなりません。
時間外労働の限度時間は、「1週間15時間・2週間27時間・4週間43時間・1ヵ月45時間・2ヵ月81時間・3ヵ月120時間・1年360時間」と規定されています。
これを超えて労働させることはできません。
ただし、臨時的に限度時間を超えて時間外労働が発生する場合は、特別条項を付けて協定を締結することも可能です。
また、時間外労働・休日労働をさせるためには、36協定を締結するだけではなく、就業規則に盛り込む必要もあります。

自分を守るためにも、働き始めに書く書面はしっかり確認してサインしましょう!

その他、時間外労働やかけもち勤務での割増賃金についてなど、詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170619.html

#転職
#復職
#アルバイト
#パート
#主婦 tags[福岡県]

働く時間は人によって様々。1日3時間の人もいれば、1日8時間の人も ...

もっと見る

求人広告に出てくる「アルバイト」「パート」、またその他にもさまざまな表記が出てきますが、それらの明確な違いってあるのでしょうか?
今回は「雇用形態」について解説してみたいと思います。

●さまざまな雇用形態
企業などが人を雇って働く場合には「労働契約」が結ばれます。
この労働契約を締結する際の「採用種別」のことを「雇用形態」と呼び、アルバイト・パートも、この「雇用形態」の一種です。
「雇用形態」には、アルバイト・パートの他にも、正社員・準社員・契約社員・派遣社員などがあります。
実はこれらの名称は法律によって定められた区分ではありません。
いずれも便宜上使われている名称であり、厳密な区切りがあるわけではありません。
極端に言えば「時給制の正社員」がいても「年俸制のアルバイト」がいても、法律上まったく問題はありません。

●社会通念上の雇用形態
雇用形態に法律上の区分はないといっても、やはり仕事探しをする時には目安になることは確かです。
社会通念上は、おおむね共通する認識があると言えます。
「アルバイト」や「パート」も、皆さんの中に「なんとなく」のイメージはあるのではないでしょうか。

<アルバイト>
アルバイトは主に学生を指すと考える人が多いと思います。
アルバイトという言葉の語源をたどると、戦前の学生が学業の片手間にする仕事をする際、ドイツ語の「Arbeit」を隠語として使ったことから広がったと言われています。
もともと学生の間から広がった言葉のため、学生を指すイメージが強いのかもしれません。
しかし最近では「フリーター」という言葉も定着し、必ずしも「学生」と限定されるものとは言い切れません。

<パート>
パートは一般的には主婦を指すと考える人が多いでしょう。
学生と違って、ある程度固定化された一部分(パート)の短時間労働というパターンが多いのではないでしょうか。
ただ最近では、パートでも自由な時間が選べるといった働き方も多くなってきていると思います。

この他に、期間の定めがある社員を「契約社員」、期間の定めはないが正社員よりも職責が軽い「準社員」といった雇用形態も、あくまで一般的な考え方であり、法的区分は存在しません。
最終的にその区分は、それぞれの企業によって決まります。
特に「就業規則」を定める場合は、「従業員の区分」で正社員や契約社員、パートやアルバイトを定義するという事があります。
つまり、正社員・パート・アルバイト・契約社員・準社員…といったこれらの雇用形態は、法律で定められているのではなく、それぞれの企業によって定義が異なるということを知っておきましょう。

ここまで読んで「結局違いはないのか」と思われた方もいると思います。ですが、まさにその通り!
大きなくくりとして「学生向け」「主婦向け」というイメージがあるにせよ、就職は働く人の「適正」と「能力」で判断されるべきものです。
自分が主婦か学生かという事を気にするのではなく、その仕事に向いているかどうかで仕事探しをしていきたいものですね。



その他、パートタイム労働法など詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170612.html


#転職
#復職
#アルバイト
#パート
#主婦 tags[福岡県]

求人広告に出てくる「アルバイト」「パート」、またその他にもさま ...

もっと見る

\求人に年齢が書かれていないのはなぜ?/

求人広告を見ている時に、こう思ったことはありませんか?
【資格】のところに年齢が書いてないけど、何才までOKなんだろう?
そもそも、どうして年齢が書いてないの?
書いてくれた方がわかりやすいのに…年齢が上がれば上がるほど、気になるポイントになるかと思います。
今回は、年齢制限をはじめ、そういった就職差別の禁止についてのお話です。

●年齢制限の禁止
「雇用対策法」という法律により、平成19年10月から募集・採用における年齢制限が禁止されました。
それまでは「少しでも若いほうがいい」とか「年上の部下は嫌だ」とか「パソコンを使うから若くないと無理だろう」などの理由でも年齢制限が可能でしたが、そういった年齢を基準にした募集はできなくなったのです。
これにより求人企業側は、求職者の年齢関係なく募集し、適性・能力・経験・技能などを元に採用を決めるようになりました。
求職者側は、「若い人がやる仕事」などといったイメージにとらわれず、業務内容や必要な資格などをよく確認し、自分に合ったお仕事を探しましょう。

●「例外事由」が認められる年齢制限について。
・定年年齢を上限として、募集・採用をする場合
 (例/60才未満 ※定年が60才のため)
・法令により年齢制限が設けられている場合
 (例/18才以上 ※警備業法による)
・長期勤続によるキャリア形成を図る視点から若年層を募集採用する場合
 (例/経験不問、35才以下 ※キャリア形成のため)
・技能・ノウハウの継承の観点から、特定職種の労働者数が特定の年齢層で少ない場合
 (例/電気通信技術者、30~39才まで。現在、電気通信技術者は20~29才が10人、30~39才が2人、40~49才が8人)
・芸術・芸能の分野における表現の真実性等の要請がある場合
 (例/20~25才まで ※演劇の役者として)
・60才以上の高年齢者または特定の年齢層の雇用を促進する国の施策の対象となる場合
 (例/60才以上の方歓迎)


その他の禁止事項など詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170605.html


#転職
#復職
#アルバイト
#パート
#主婦
 tags[福岡県]

\求人に年齢が書かれていないのはなぜ?/ 求人広告を見ている時 ...

もっと見る

\あぱぱnetを使ってみよう/
「あぱぱ」は、ネットでは「あぱぱnet」という名称で運営しています。
ホームページアドレスは「http://www.apapanet.com/」です。
GoogleやYahooなどでサイトを検索する場合は、「あぱぱ」だけ入力して検索いただくと、トップで出てきます。
「あぱぱnet」は「レスポンシブWebデサイン」といって、アクセスした機器に応じて最適化されたサイズでご覧いただけるようになっています。
パソコンやタブレット、スマートフォンなどの画面のサイズにあったデザインになります。

●「あぱぱnet」も原則月曜日に更新
「あぱぱnet」は、誌面の発刊日と同様「月曜日」が基本の更新日となっています。
その週に「あぱぱ」の誌面に掲載されている情報はすべて「あぱぱnet」でも掲載されています。
また、誌面には掲載していない情報もあったり、月曜日以外でも新しい情報が加わることもあります。
さらに、誌面では1つの広告の中に複数の職種や勤務地の募集が書かれている場合がありますが、「あぱぱnet」では、読者の皆さんが見やすいよう、それらを1コマずつに分けて掲載しています。

●サイトにはさまざまな検索方法やコンテンツをご用意
フリーワード検索・コード検索・あぱぱ初登場や特集などの各種コーナーでお仕事を探せます。
ちょっとブレイクでは 求人情報以外で、読者の皆さんに楽しんでいただける記事が掲載されています。
この巻頭記事も「主婦のための就職マニュアル」というタイトルで、バックナンバーが読めるようになっています。
そのほかにも「編集後記」や「4コママンガ」も見ることができます。

●求人情報ページ
具体的な求人情報は、誌面と同じ募集要項が掲載されていますが、「あぱぱnet」には、誌面にはない情報が掲載されていることもあります。
例えば職場の写真、詳細な地図、さらには動画が掲載されていることもあります。
インターネットだからこそ見られるコンテンツを追加することで、読者の皆さんにより多くの情報が提供できれば、少しでも安心して応募していただけると考えています。


その他「Mail応募」や「キープ」についてなど詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170529.html

いまはスマートフォンが一つあれば、求人情報も手に入る時代。
ぜひ「あぱぱnet」も就職活動に活用していただければと思います。
また「あぱぱ」や「あぱぱnet」に関するご意見やご希望も随時募集しています。
ぜひ皆さんの声もお聞かせください。
→宛先(編集長宛にお送りください)/toukou@apapanet.com


#転職
#復職
#アルバイト
#パート
#主婦 tags[福岡県]

\あぱぱnetを使ってみよう/ 「あぱぱ」は、ネットでは「あぱぱne ...

もっと見る

\あぱぱができるまで~営業編~/

みなさんが今ご覧になっている求人情報「あぱぱ」。
「どうやって作られているんだろう?」とか
「どうやって探すのが効率的だろう?」などと考えたことはありますか?
今月は、今まで公開したことのない「あぱぱ」の裏側と、
覚えておくとより「あぱぱ」を活用できる情報をお届けします。
第1回目の今回は、求人広告が掲載されるまでの営業スタッフの動きを教えちゃいます!

●はじめに~安心して応募できる求人広告のために~

「あぱぱ」を発刊する㈱アビリティ・キューは、
「公益社団法人 全国求人情報協会(以下「全求協」)」の正会員になっています。
「全求協」とは、「求人広告を見て応募したら、休日や給与などの労働条件が違った」などということがないよう、
「求人広告掲載基準」などの自主規制を設け、求人情報の適正化を推進している団体です。

求人情報とは人生の中でも大切な職業選択をするための情報。
ですから、「あぱぱ」では求職者に不利益がないよう、その掲載基準に則った広告づくりをしています。
「あぱぱ」のスタッフは全員、定期的にこの「全求協」の「求人広告取扱者資格試験」を受け、常に知識を更新しています。
年に1度、会員企業の広告の中に不適正なものがないかをチェックする場があるのですが、「
あぱぱ」は他の模範となる優秀な成績を収めたとして、表彰されたことがあるのは自慢のひとつです。
さらに「あぱぱ」では、独自の掲載規定も設けています。
募集条件が、労働基準法をはじめ諸法規に則っているかはもとより、
「全求協」および自社の規定に添った広告を作成することにより、求職者のみなさまに不利益がない、
わかりやすく親切な情報提供を心がけています。


●欠かせない確認作業

初めて「あぱぱ」に掲載する企業から「求人広告を出したい」という依頼が入ったら、
まずは営業スタッフがその企業を訪問することから始めます。
そして、その所在地に間違いなく事務所があるか、問題のある業者ではないかなどをしっかりと確認します。
また、業種によっては掲載をお断りさせていただいたり、登記簿謄本のコピーなどの書類を提出していただき、
弊社の審査をクリアした上でのご掲載となる場合もあります。

これは、「あぱぱ」の求人広告をご覧になっている求職者のみなさまに、
安心して応募していただくために欠かせない最初のステップです。

●しっかりした取材

求人広告を掲載するにあたり詳しい情報を開示するということは、求職者・求人企業双方にとってのメリットです。
求職者は募集条件や業務内容をしっかり把握した上で、自分に合った仕事探しができますし、
求人企業側は求めるスキルを持ち、提示した条件で働ける人材を効率よく確保することができます。

そこで「あぱぱ」では、求人広告を掲載するにあたり、営業スタッフがその企業のことや、募集する職種についての情報を詳しく取材していきます。給与や時間・休日など、前述の規定に基づいた必須明示項目はもちろん、詳しい仕事内容や福利厚生、会社の雰囲気や働いているスタッフの声など、できるだけ多くの情報を企業の求人担当者に教えてもらいます。また、欲しい人物像や広告で打ち出したいポイントなども確認していきます。
もちろん、全ての情報を誌面に掲載できるわけではありませんが、誌面に載らなかった情報をネットに載せたり、1回の募集で人員が集まらなかった場合、次回の募集で掲載したりします。


その他、安心してあぱぱを利用していただくためにあぱぱの営業が取り組んでいることなど
詳しい内容はコチラ↓に掲載しています。
「あぱぱ」のことをもっと知ってもらえると嬉しいです♪
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170501.html


#転職
#復職
#アルバイト
#パート
#主婦 tags[福岡県]

\あぱぱができるまで~営業編~/ みなさんが今ご覧になっている ...

もっと見る

前回まで、働き始めるまでにパパと話し合って、家事やトラブルに対応できる体制を作っていこうというお話をしてきました。
パパとの分担の仕組みにある程度メドが立ったら、今度はお仕事開始に向けて、もっと具体的な準備に入っていきましょう。

●自分の準備

長い間仕事をお休みしていると、仕事をしていた時の生活リズムを忘れてしまいますね。
また、そもそも子育てをしながら仕事をするという生活自体が初めてになる方も多いでしょう。
慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、少しでもスムーズに進められるよう、前もってできる準備はしておきましょう。

<家事のシミュレーション>
仕事を始めると、1日のスケジュールの中に動かせない予定がボン!と入ってくることになり、
必然的に家事や子どもの世話はそれ以外の時間にタイトに収める必要が出てきます。
例えば、今までは子どもが学校に行っている朝8時位~昼3時位までの間に掃除や洗濯などの家事を済ませればよかった方も、
働き始めるとなると、出勤前・帰宅後にそれをしなければならなくなります。
また、通勤となると自分の着替えや化粧など身だしなみを整える時間も必要になってきますので、その時間も考えておかなければなりません。
実際に働き始める前に、その時間帯でどれくらいのことができるのかシミュレーションしておくと良いでしょう。
そうすると、「毎日しなければならないもの」「2~3日に1回でいいもの」「週に1回でいいもの」など、取捨選択の必要性が見えてくるようになります。

<通勤のシミュレーション>
通勤で今まで行ったことのない場所、動いたことのない時間に動く場合は、一度通勤時間に勤務地まで行ってみると安心です。
電車・バスの混み具合や、道路状況を把握しておくと、「もう少し早く出たほうがいいな」とか「もう少しゆっくりでもいいな」
などということがわかってきますし、電車を使用する場合は、何両目に乗ったら階段に近いとか、
大きな駅の場合はどこの改札から出たら便利かということもわかります。

また、子どもを幼稚園や保育園などに送った足で通勤する場合は、当然のことですが直接行くよりも時間がかかりますし、
最初のうちは子どもも慣れずにぐずる可能性がありますので、余裕を持った時間配分をする必要があるでしょう。

●子どもの準備

今までずっと家にいたママが働き始めるとなると、子どもに与える影響も大きいものです。
子どもの準備に関しては、子どもの年齢によっても変わってきます。

<未就学児>
保育園や幼稚園に入れなければなりません。
また、すでに幼稚園に行っている場合も勤務時間によっては「預かり保育」の手続きが必要になります。
保育園入園を希望される方は、現在認可保育園はほとんどが満員のため、年度途中の入園はほぼできないと考えておいてください。
認可外保育園の空きを探すか、4月入園に合わせて準備をしていきましょう。幼稚園も4月入園となります。


他にも気をつけたいポイントなど、詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170313.html

いざ!というときの対処をしっかりと家族と話し合ってシュミレーションしておくと安心ですよね。
あぱぱでは毎号巻頭記事で、働くママとその家族を応援する記事を紹介しています。
参考にされてくださいね。

#転職
#復職
#アルバイト
#パート
#主婦 tags[福岡県]

前回まで、働き始めるまでにパパと話し合って、家事やトラブルに対 ...

もっと見る

ママが仕事を始めるにあたってまず必要なことは、パパの家事力をアップさせることです。
共働きを始めてからも、家事をママの役割のままにしておくと、どこかで必ず無理が出るという話を前回お伝えしました。
今週は、そうならないように、いかにパパの家事力をアップさせていくかを考えていきます。

●まずはママの意識改革

「働き始めても家事はしなきゃ」とか「パパは仕事が大変だから、家事までお願いできない」などと思っているママは、意外と多いです。
でも、「家事は女の仕事」というのは、今の時代ナンセンス。
専業主婦ならそれも「役割分担」と考えられないこともないですが、共働きとなるとそうはいきません。
自分がどんどん大変になっていくだけですよ。
例えば、2人ともフルタイムで働いて、同じような時間に帰って来て、ママは一生懸命晩ご飯の支度をして食べさせて片付けて…としているのに、パパはソファに転がってテレビを見ながらのんびりビールというのは、不公平ですよね。
パートタイムでママの方が帰宅が早いとしても、仕事をする分家事の時間がずれ込んで、ママだけゆっくりする時間が取れない…というのはよくある話です。
「仕事で疲れてるんだよ」というのはよく聞くパパのセリフですが、ママだって仕事をしたら疲れます。
でも、家事と育児はエンドレス。ママはついつい頑張りすぎてしまいますが、「パパにも家事をしてもらう」という意識を強く持つようにしましょう。

●今のパパの家事力は?

あなたの家のパパは、どれくらい家事ができますか?
料理・洗濯・掃除から子どものお世話や各種役員まで、現段階ですべてカンペキにこなせているパパなら、ママが働き始めてからも単純な分担で問題ありませんし、
そもそも既に分担しているからこそのスキルでしょう。
家事力を鍛えなければならないのは、今までほとんどの家事をママ任せにしてきたパパです。
そういうパパには、ママが仕事を始める前に少しずつ家事ができるようになってもらわなければなりません。
また、すでに多少の家事をしているパパに対しても、「言われなければやらない」とか「好きな家事しかしない」とか
「してくれるけど中途半端」「要領が悪い」「実際はたいしてしていないのに、やっていると自信マンマン」などという不満はありませんか?
そこもきちんと解決しておかないと、仕事を始めて疲れたママは、さらにイライラを溜め込むことになってしまいますよ。
今のパパがどれくらい家事ができるのか、どこまでのスキルアップが可能か、どういう役割分担にしたら気持ちよく生活できるのかを一度しっかり考えてみましょう。

まずは小さなプラスから。
具体的な例やママが気をつけたいポイントなど、詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170313.html


#転職
#復職
#アルバイト
#パート
#主婦 tags[福岡県]

ママが仕事を始めるにあたってまず必要なことは、パパの家事力をア ...

もっと見る

年度末、子どもの進級・進学に合わせてそろそろ働き始めようかなぁと考える時期でもあります。
今から新しいお仕事を探す方も、元の職場に戻る方も、無理なく家庭と仕事の両立をするためには、
早いうちからの下準備が大切です。今月は、仕事を始める前にしておいた方が良いことをお届けします。

●ママが働き始めるとは

専業主婦だったり育休を取っていたりすると、家事・育児はほぼ全てママの仕事というご家庭は多いでしょう。
しかし、働き始めるとなると勝手は変わってきます。
「俺だって子どもをお風呂にくらい入れてるよ」とか「ゴミ出しは俺の仕事だから」というパパもいるかもしれませんが、
家事全般を考えると、残念ながらそれらは・・・


「爪の先ほどの手助け」です。


上のグラフは、「6歳未満の子どもを持つ夫の家事・育児関連時間」で、
1日あたりの家事・介護・看護・育児・買い物の合計時間の週平均です。(内閣府男女共同参画局調べ)

制度も慣習も何もかもが違う諸外国と比べても仕方ないことだとは思いますが、
圧倒的に日本の夫の家事・育児時間が短いですね。
「1日1時間」と言うと、「結構やってるじゃん」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
全体の家事時間のうち、育児の時間が約40分。
パパと子どもが一緒にお風呂に入る家が多いことを考えると、
このうちの大半はお風呂時間(準備や着替え時間含む)でしょう。
残り約20分がその他の家事時間ですが、果たして20分で何ができるか・・・と考えると、
とても少ない時間だということがわかります。

さらにこの統計は、共働き・専業主婦問わずの統計ですので、
専業主婦家庭の夫の家事時間はもっと短いことが予想されます。
「家事(育児含む)」とひとくくりで言っても、掃除や洗濯、食事の支度に後片付け、買い物にゴミ出し、
子どものお風呂・寝かしつけ、保育園の準備・送迎や行事、PTAに地域の役員など、頻度の差はあれど、
日々やらなければならないことはたくさんあります。

当然ですが、ママが働き始めるとは、イコール家のことをする時間が減るということです。
それなのにそれらを、働き始めてからも今まで通りママの仕事にしていると、どこかで必ず無理が出てきます。
これは、フルタイムであろうとパートタイムであろうと同じこと。

たとえ、子どもが既に手のかからない年齢になっていたとしても、家事が一切消えてなくなることはありません。
「今まで通り家事をするのが働く条件だから…」などと言わず、しっかりパパと分担する計画を立てることが、
仕事を始める前に一番大切なことです。


気持ちよく働くためにも家事分担は不可欠ですよね!

家のことをどう分担してくかや、パパと話し合う内容のポイントなど
詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170306.html




#転職
#復職
#アルバイト
#パート
#主婦 tags[福岡県]

年度末、子どもの進級・進学に合わせてそろそろ働き始めようかなぁ ...

もっと見る

面接日時も決まったし、履歴書もバッチリ書いた!でも最後の関門、面接が待っています。
ここで失敗したら全てが台無しなので、最後まで気を抜かずにいきましょう。

「面接って何を着ていけばいいんだろう」
 面接を前にして、一番悩ましいのはここではないでしょうか?
新卒で就職した時は、濃いグレーや紺のスーツに白いシャツを合わせる、
いわゆる「リクルートスーツ」で行けば間違いはありませんでした。
でも、再就職の時はどうでしょう?社会人経験のある人が就活のような格好をしてしまうと、
頼りなく見えたり、ちょっとチグハグな印象を与えてしまうかもしれません。
年齢と経験を重ねたからこそできる、今のあなたに合った服装を選びましょう。

●正社員の場合
正社員採用の面接を受ける場合は、スーツを着て行くのが基本です。
色は黒・グレー・紺などのダークカラーが無難です。
会社によってはベージュや薄いグレーなど淡い色や、スーツでなくジャケット着用でもかまいませんが、
白や派手な色は避けましょう。ボトムはパンツでもスカートでも構いません。
インナーはシャツでもカットソーでも構いませんが、白や薄いピンク・ブルーなどの淡色が清潔に見えます。
また、フリルが派手過ぎたり、カジュアルなものは避けましょう。
白シャツにタイトスカートのダークスーツを合わせたりすると、就活生のように頼りなく見えてしまうので、
合わせ方には注意が必要です。インナーを変えるか、ダークスーツでも少しデザイン要素のあるスーツであれば
野暮ったくならずに済みます。

●パートの場合
正社員の場合はスーツで行けばOKと、あまり考えなくて済みますが、パートの場合はどうでしょう?
事務職や、かっちりしたイメージの会社などは、正社員と同様にスーツが無難です。
しかし、近所のスーパーや飲食店・作業系のパート面接の場合は、スーツほど堅苦しくする必要は
ないかと思います。特に作業系の職場の場合「スーツを着てこられても…」というところもあるので、
職場に合った服装選びを心がけます。きちんとめのパンツやスカートに、シャツやジャケット、
アンサンブルなどであれば、大きくはずすことはないでしょう。
Tシャツやジーパンにスニーカーなどカジュアルすぎる服装はNGです。
スカートの丈が短すぎるのも良いイメージを与えませんので、気をつけてください。

<共通して気をつけたいポイント>
あぱぱで以前、面接服について様々な企業にアンケートを取った時、
多くの企業の方から言われたのが「やっぱり清潔感が大事」という言葉でした。
正社員であってもパートであっても、清潔感がある服装を心がけましょう。

・服
スーツやシャツのアイロン掛けを忘れずに。ストッキングの伝線にも注意。

・頭髪
明るすぎる茶髪はNG。長い髪は結び、前髪も目にかかるようなら切るかピンで止めて。

・爪
長過ぎる爪や、派手な色のマニキュア・ネイルアートはNG。ネイルは落とすか、透明やヌードカラーのものにして。

・靴
高すぎないヒールのパンプスで。ピンヒールはNG。汚れていないかも注意。

・アクセサリー
結婚指輪以外のものは外していくのが無難。付けるのであれば、極力シンプルなものを。



その他の気をつけておきたいポイント
(面接時のマナーや質疑応答の具体的な例など)の
詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170227.html

#転職
#復職
#アルバイト
#パート tags[福岡県]

面接日時も決まったし、履歴書もバッチリ書いた!でも最後の関門、 ...

もっと見る

面接の日程が決まったら、次は避けて通れない履歴書の作成です。
まれに「履歴書は不要」という企業もありますが、
ほとんどの企業の応募要項には「履歴書(写真貼付)持参ください」と書かれています。
「あなた」という人を相手に伝える大切な書類ですので、気合いを入れて作成しましょう。

まずは基本ですが、履歴書は黒のボールペンで丁寧に書きましょう。
インクは油性でも水性でもゲルでも構いませんが、にじみにくいものを選びます。
鉛筆や消せるボールペンは避けてください。もし間違えてしまっても、修正液や砂消しはNG。
新しい履歴書に最初から書き直します。
「字が汚いから」とか「間違えそうだから」などという理由で、履歴書をパソコンで作成したい方も
いらっしゃるかと思いますが、日本ではまだまだ手書きがスタンダードです。
履歴書から人となりを見るという採用担当者も多いので、手書きで丁寧に書いてください。
また、不採用となった他の企業から返された履歴書を使い回すのもやめましょう。
日付が古いのは印象が良くありませんし、履歴書の内容もその企業に合わせたものにするべきです。

●日付について
履歴書を書いた日ではなく、面接を受ける日付を書きましょう。
履歴書郵送の場合は、投函する日付を書きます。数字は算用数字で。
書くのを忘れがちなので注意してください。

●氏名とふりがな
氏名を間違える人はいないと思いますが、ふりがなは注意が必要です。
「ふりがな」と書いてあればひらがなで、「フリガナ」と書いてあればカタカナで書きましょう。
印鑑欄がある履歴書の場合は、印鑑を押すのも忘れずに。
その際、斜めになったりかすれたりしないよう注意してください。
印鑑欄がない場合は押印の必要はありませんが、もし企業から求められたら氏名の右横に押印しましょう。
押印する場合、シャチハタ印は避け、認印など朱肉を使うタイプの印鑑を使用してください。

●住所・電話番号
ビル・マンション名も正確に書きましょう。電話番号は、必ず連絡の取れる番号を書きましょう。

●写真
 3ヵ月以内に撮影した写真を使いましょう。
正社員の場合はスーツ、アルバイト・パートの場合でも襟付きのシャツやジャケットなど、
できるだけきちんとした服装・髪型で写るようにしてください。
スピード写真でOKですが、プリクラはもちろんNGです。
貼り付ける前に写真の裏に名前を書くのを忘れないで。


その他の履歴書を書く際に気をつけておきたいポイントを全ての項目で紹介しています!
詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170220.html

#転職
#復職
#アルバイト
#パート
#主婦 tags[福岡県]

面接の日程が決まったら、次は避けて通れない履歴書の作成です。 ...

もっと見る

前回ご紹介した「応募前の下準備」が終わったら、いよいよ実際の応募です。
求人の応募欄をしっかり確認し、電話なのか郵送なのかメールなのか、間違えないようにしましょう。
応募は採用試験の第一歩。初めから悪印象を持たれることのないよう、しっかり気を配ることが大切です。


■電話での応募の場合

おそらく9割以上の企業が、電話での応募受付だと思います。
いざ電話をかけたら、緊張でしどろもどろになっちゃった…なんてことがないように、
しっかり頭の中でシミュレーションしてからかけましょう。
電話が苦手であれば、自分で「台本」を作っておくのもいいと思います。
また、質問事項があれば、聞き忘れないようあらかじめ書き出しておいてください。
そして、先方に確認したことや面接の日時などをきちんと残せるように、メモの準備は必須です。
先方に指定された面接日が大丈夫かどうか、すぐ確認できるようにカレンダーもあった方がいいでしょう。

応募の電話は最初の面接です。担当者が目の前にいると思って話しましょう。
友達口調で話したり、横柄な態度を取ったら台無しになります。
きちんと名乗った上、丁寧な言葉づかいで、応募したい意志をハッキリ伝えるのがポイントです。
また、面接日時など大切なことは必ず復唱して確認するようにしましょう。聞き間違いがあったら大変です。

●今何時でどこにいる?
電話は応募先の営業時間内にかけましょう(受付時間が記されている場合はそれに合わせて)。
営業時間内でも12時~13時は昼休みの会社が多いので避けたほうが無難です。
また飲食店に応募する場合、ランチタイム・ディナータイムは忙しいので、その時間の電話は絶対に避けてください。
電話をかける場所も気にしましょう。
自宅から固定電話でかける場合は問題ありませんが、携帯電話でかける場合は、電波がきちんと入っているかどうか、
外にいる場合は周りがうるさくないかなどもチェックポイントです。

●応募ではなく質問の電話は
「求人情報あぱぱに掲載中の御社の求人広告について質問がありお電話したのですが、
少々お時間をいただいてもよろしいでしょうか」などと切り出し、質問をしましょう。
ただし、長話にならないよう、要点を簡潔にまとめて質問することを心がけてください。


電話をかける際の具体的な例や、郵送の場合・メールの場合など
その他の応募についての詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170206.html

#転職
#復職
#アルバイト
#パート
#主婦 tags[福岡県]

前回ご紹介した「応募前の下準備」が終わったら、いよいよ実際の応 ...

もっと見る

もうすぐ年度末。子どもの進級・進学を機に、ママも再就職を検討し始める時期です。
そこで今月は「再就職対策」として、もうすっかり忘れているであろう就職のためのポイントを押さえてみました。
今週は、「この会社に応募しようかな」と思った時に、やっておきたいことのまとめです。

■求人企業のホームページを見てみよう!

スマートフォンやパソコンなどインターネットに接続できる手段があれば、
その求人企業のホームページを探してみてください。
求人の小さな枠内では、どうしても最低限の情報しか提示できません。
その企業がホームページを持っていれば、詳しい事業内容や企業理念、
会社の規模、取り扱い商品、場合によっては社長やスタッフの写真やメッセージなど、
求人枠には載っていない多くの情報を得ることができます。
その企業が自分に合った企業なのか判断する材料の1つになりますので、
ぜひ参考にしてみてください。

しかし、中小企業ではまだホームページを持たない企業も多くあります。
最近は、企業がホームページを持っているのは当たり前というような風潮になってきましたが、
もし持っていなくても、その企業が信用できないなどということはありません。
あぱぱに掲載している求人は、スタッフが訪問し、
きちんと求人内容の確認をした企業ばかりですので、ご安心ください。


■家族に相談しよう!

いざ応募したい企業が見つかったとなると、改めて相談と確認が必要です。
今までずっと家にいたあなたが働き始めることによって、あなただけではなく
家族の生活にも変化が訪れるのです。
「採用されるかどうかもわからないし」と思うかもしれませんが、
採用されてから家族に「そんなの聞いてない!困る!」と言われても、それこそ困るのです。

「家族がいない時間帯しか働かないし、家のことは全て今まで通り自分がやる」
ということであれば、もしかしたら簡単な報告だけで済むかもしれません。
しかし、家事・育児と仕事の両立は必ずしもママだけがしないといけないのでしょうか?
たとえパートタイムだったとしても、ママも働く以上は、
パパにも家事・育児をシェアしていいのではないでしょうか?
ライフスタイルを変えるせっかくの機会なので、このタイミングで家事の分担などを
見直してみるのもいいと思いますよ。

その他まだまだあります!
詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170206.html

#転職
#復職
#アルバイト
#パート
#主婦 tags[福岡県]

もうすぐ年度末。子どもの進級・進学を機に、ママも再就職を検討し ...

もっと見る

家事や育児をやりながらいざ「再就職」といっても、「なかなか自信をもって就職活動ができない」という方も多いかと思います。
今回は、少しでも自信をもってもらえるように「e-ラーニング」に注目し、自宅でできるスキルアップについて調べてみました。


■e-ラーニングとは

 そもそも「e-ラーニング」とは何?と思われる方も多いかもしれません。
まず、e-ラーニングの「e」は「electric(エレクトリック)」の「e」で、電子機器のこと。
「ラーニング(learning)」はそのまま直訳で「学習すること」です。
つまり電子機器をつかった学習のことを指します。
広い意味では、電子機器であればすべて当てはまるので、ビデオやDVDを使ったテレビ学習なども含まれますが、
現代では主にパソコン・タブレットなどを介して、インターネットを使ったe-ラーニングが非常に多くなってきました。
また、スマートフォンの普及により、スマートフォンで学習できる場面も多くなりましたが、
これらは「m ラーニング(mはmobile:モバイルのm)」とも呼ばれています。
そもそも「勉強する」となると、本を買って学習するというスタイルが一般的でしたが、
インターネットやモバイル端末の普及で、手軽に様々な学習ができるようになっています。

■タイピング

さまざまな職業がある中で、やはりパソコンのスキルは持っていて損はしないもの。
特に、事務系の仕事を希望する方にとっては必須です。
しかし一言で「パソコン」といっても、かなり幅が広いものです。
そこで、パソコン操作の基本となる「キーボード」の練習から始めるというのは、有効な手段の一つです。

パソコンとインターネットがあれば、「キーボード練習」と検索してみましょう。
キーボードを一から教えてくれるサイトや、ゲーム感覚で練習できるサイトなど、様々なWebサイトが出てきます。
そして、それらのほとんどが「無料」。
自分でいくつかのサイトを試しながら、使いやすいところを選んで練習してみましょう。
日本ワープロ検定2級で10分間に500文字以上なので、まずはそのあたりを目安に練習してみてはいかがでしょうか。


他にもイロイロあります!自宅でできるスキルアップ。
詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_161219.html
何か一つでもできることから始めることが大切だね!


#スキルアップ
#ライフワークバランス
#アルバイト #パート
#主婦 #主夫
 tags[福岡県]

家事や育児をやりながらいざ「再就職」といっても、「なかなか自信 ...

もっと見る

あぱぱを発刊している㈱アビリティ・キューも本日より仕事始めです。今年もよろしくお願いします!
さて、1月は心機一転、気持ちを新たにされる方も多いかと思います。
また、この1~3月は4月の新学期に向けて「いざ再就職!」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
国の発表資料なども参考にしながら、2017年の女性の労働環境はどうなるのか、考察してみたいと思います。

■女性の労働力は徐々に上昇

女性の労働力を年齢階級別にみると、30~40代にかけて就労率が下がる、いわゆる「M字カーブ」が浮き彫りになります。
この傾向は戦後ずっと続くものですが、ここ10年の推移をみると、改善されつつあることがわります。
もっとも就労率の低い30~34歳を比較すると、この10年で62.7%から71.2%と約10%増加しています。
またこの増加は有配偶者(つまり主婦)の就職上昇による効果が高いことが要因となっています。
さらに女性の就業率はどの階級でも上昇しており、近年いかに女性・主婦の社会進出が進んできたかがよくわかります。

■人手不足で就職のチャンス

女性の完全失業率を見てみると、ここ10年をみても失業率は最低の3.1%。
平成20年に起こった「リーマンショック」直後、急激に景気が悪化し失業率が高まりましたが、以降は毎年下がり続け、
今ではリーマンショック以前よりも低くなっています。
少子化の影響などもあり「人手不足」が深刻化しているため、逆に就職を希望する人にとってはチャンス。
完全失業率には就職を希望しない「主婦」は数値に含まれませんが、いざ希望すれば、就職を有利に進められる時期だということは覚えておきましょう。

その他、気になる106万円の壁など、コアラムの詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_161226.html


#再就職
#ライフワークバランス
#アルバイト #パート
#主婦 #主夫 tags[福岡県]

あぱぱを発刊している㈱アビリティ・キューも本日より仕事始めです ...

もっと見る

最近、テレビや雑誌などで「プチ起業」や「ママ起業」などの言葉を見かけるようになりました。
家事や子育てと両立できる仕事のスタイルとして注目を集めている「プチ起業」。
具体的にどういったものなのか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

■プチ起業って何?

プチ起業とは、雇用されて外に勤めに出ることなく、基本的には在宅で収入を得ることです。
通常の起業との違いは、規模が小さいことはもちろんですが、収入を得るだけでなく地域や社会との共存や貢献、
自己実現などの意義を重視しているのが特徴です。
女性の活躍が叫ばれている昨今ですが、いまだ支援体制が整っていなかったり、周囲の理解を得られないケースもあり、
結果的に妊娠・出産を機に退職する方も多いのが現状です。
そんな中、スキルや趣味を活かしながら、場所や時間に拘束されることなく、自分のペースで動けることから、
プチ企業が子育て中のママに人気の働き方になっているのです。

■具体的にはどんな事業例がある?

・アフィリエイト
 アフィリエイトとは、自分のサイトやブログなどで広告主の商品やサービスを紹介することで、
読者がそこから商品を購入するなどの成果が上がった場合に、報酬を受け取ることができる仕組みです。
例えば、ファッション系のブログを書いている方が、着こなしを紹介すると共にその商品もアフィリエイトで紹介するというやり方です。
商品が欲しいと思った読者がそのリンクから購入すると、報酬が入ります。
アフィリエイトを仲介しているサイトに登録するだけで、初期費用がかからない上にリスクも少ないため、
気軽に始められるという理由で人気です。

・自宅サロン
自宅で教室を開き、知識や技術を教えることで収入を得ます。
内容は、料理やフラワーアレンジメント、手工芸やアロマセラピー・ベビーマッサージなど、多岐にわたります。
最近は「サロネーゼ」と呼ばれ、自分のスキルや資格を活かし、生徒さんにステキなおもてなしをするキラキラした主婦が
メディアでクローズアップされていることから、憧れる女性も多いようです。
他のサロンや店舗とコラボレーションしたり、イベントを企画するなど、地域とのコミュニケーションを図っている方もいます。

他にもあります!プチ起業!その他起業にあたって気をつけたいポイントなど
詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_161212.html



#プチ起業
#在宅ワーク
#ライフワークバランス
#キャリア形成
#主婦 #主夫 tags[福岡県]

最近、テレビや雑誌などで「プチ起業」や「ママ起業」などの言葉を ...

もっと見る

忙しい主婦のみなさんの中には、「在宅で仕事ができれば」と思われている方も多いと思います。
しかし、なかなかそんな都合のよい仕事があるわけではありません。
そんな中、最近増えてきた新しい働き方「クラウドソーシング」についてご紹介したいと思います。

そもそも、この「クラウドソーシング」とは何者か?
簡単に言えば「仕事を依頼したい人・企業(以降:発注者)」と「仕事を受けたい人(以降:受託者)」をインターネット上で出会えるようにするマッチングサービスの事です。

たとえば鉛筆を作る会社があったとします。そこで作った鉛筆を消費者に買ってもらうため、魅力的なパッケージが必要になったとします。鉛筆会社にとって、品質のいい鉛筆を作ることには自信があっても「デザイン」は専門外。そんな時、外部の「デザイナー」にデザインを発注することで、魅力的なパッケージを作って売り出すことができます。

このように、自社の不得意分野であったり、外部にお願いするほうが費用が安くなる場合に、
仕事の一部を外部の人や企業に委託することを、一般的に「アウトソーシング」と呼びます。
そして、この「アウトソーシング」をインターネット上でやってしまおうというのが「クラウドソーシング」なのです。


クラウドソーシングサービスでは、発注者が登録して、実際に仕事を発注します。
先程の例でいけば…
鉛筆会社が下記のような仕事の情報を公開します。
—————————————
鉛筆のパッケージデザイン
・◯月◯日まで
・報酬は◯◯◯円
—————————————
一方で受託者も同じようにサービスに登録した上で、自分ができる仕事があればその仕事に「チャレンジしたい」と応募します。
仕事の形式は様々あるのですが、デザインなどは「コンペ方式」の場合が多く、応募者は依頼に対して実際にデザインを投稿します。企業はその中から最も優れたものを選び、選ばれた人に報酬を支払うという流れになります。

この他に単純作業なら「タスク型」といって「◯◯個◯◯円」と作業に単価があり、やった件数に応じて報酬が支払われるというものもあります。

その他クラウドソーシングのメリットなどコラムの詳しい内容はコチラ↓
http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_161205.html


#クラウドソーシング
#在宅ワーク
#ライフワークバランス
#キャリア形成
#主婦 #主夫 tags[福岡県]

忙しい主婦のみなさんの中には、「在宅で仕事ができれば」と思われ ...

もっと見る

 
top