New

暮らしに関する話


 
合コンでバレる「一生、モテない人」の5大欠点!!
「自己紹介」「トイレ作戦」…あなたは大丈夫?


「酔いに任せて転落する」二流の合コン


「うわ~、わざわざ夜景のキレイな場所を選んで、そのくらいで、かっこいいと思われると思っとるんかーい!!」


世の中には、「お酒を飲みながらの勉強会」、すなわち世間一般でいうところの「合コン」を開くたびに、「二流の闇に転落する残念な人たち」が存在する。


ステキな夜景が見える高級バーを予約したり、無理をして高いおカネを出したのに平静を装ったりするのは、序の口だ。挙げ句の果てには、初めから日本酒を1升瓶で頼み、「酔いに任せていきなり無礼講モード」に突入する暗すぎる闇に転落している人たちが存在するのだ。


これに対して一流の人は、合コンを開催するときも一流だ。予約が取りにくい一流のお店の予約を前日までにバッチリすませるなど、合コン相手への気配りを怠らない。


「一流の幹事」という誉れ高き人たちは「参加者人は●●商事の東大卒のイケメンで……」などと必死に肩書をアピールしなくても、「あなたが呼んでくる人なら、イケてる人でしょう」という信頼のお墨付きを獲得しているのだ。


「学歴の高さや頭のIQ」と「合コンを立派に開けるかどうか」は関係がない。世の中には、合コンを開いただけで、その「人格的欠陥」や「人としての故障っぷり」がもろにバレてしまう人たちが存在する。


それでは、「合コン」を開いただけで、ものの見事にバレてしまう「残念な人の証」とは何なのか? 早速、紹介しよう。

↓ この続きを読む ↓ 
http://toyokeizai.net/articles/-/185770?page=2


出典:東洋経済オンライン

合コンでバレる「一生、モテない人」の5大欠点!! 「自己紹介」「トイレ作 ...

もっと見る

投稿日:2017年8月30日

   

comment 

「NAVERまとめ」に、スーパー猛暑の夏、おすすめスポットは?という「まとめサイト」を作ってみました!! 

主にRELEASEに投稿されたおすすめスポットを纏めさせていただきますが、ツイッター・フェイスブック・グーグル+などからも情報を載せていきたいと思います。

スーパー猛暑の夏、おすすめスポットは?
https://matome.naver.jp/odai/2150021412345810301

「NAVERまとめ」に、スーパー猛暑の夏、おすすめスポットは?とい ...

もっと見る

投稿日:2017年7月16日

   

comment 2

日本の居酒屋のお通し、海外から批判殺到「頼んでない料理になぜ金を払うのか」


近年では、よりネイティブな食文化を楽しみたいと、ガード下や横丁の焼き鳥屋や居酒屋で夕食を楽しむ外国人も増えている。

そんな居酒屋でいま、客である外国人とのトラブルが多発しているという。居酒屋をはじめ、主に酒類を提供する日本の飲食店特有のシステムである「お通し」に関するいざこざだ。

昨年末、沖縄の地元紙「琉球新報」が報じたところによれば、外国人観光客向けに沖縄観光をサポートする沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)には、居酒屋などのテーブルチャージやお通し代など、メニューに表示がない料金の請求に困惑する外国人から質問が寄せられており、同センターが詳細を確認して店側が非を認めた場合、返金する事例もあるのだという。

店舗側からすれば、お通しは「注文した料理が出るまでの酒のつまみ」であり、「テーブルチャージ」の意味合いも含んだものというのが一般的な認識だ。

しかし、その金額は300~500円と料理1品と同等であるため、システムを理解していない外国人にしてみれば、「頼んでもいない料理になぜ料金を支払わねばならないのか!?」と、不満や憤りを覚えるのも当然だろう。英語のネット掲示板では「お通し」は「Compulsory Appetizers」、つまり「強制的な前菜」と翻訳され、たびたび非難の的となっている。

実のところ、そうした日本特有の「お通しシステム」には外国人はおろか、これまで当たり前のものと捉え享受してきた日本人からも非難の声が上がり始めている。

2009年にYahoo!が行った意識調査(回答数:76,339票)によれば、「お通しは出して欲しい?」という質問に対し、「無料なら出して欲しい」が77%、「無料でもいらない」が17.3%と、実に94.3%が否定的な回答となった。

日本の居酒屋のお通し、海外から批判殺到「頼んでない料理になぜ金 ...

もっと見る

投稿日:2017年3月14日

   

comment 

 
top