没後90年 鉄斎 TESSAI
没後90年を迎えた近代文人画の巨匠・富岡鉄斎(1836~1924)。
幕末・明治・大正という激動の時代を生きた彼は、学問の道を志し、儒学者として大成します。
その傍ら、書画の制作にも専心し、近代の京都画壇で一躍脚光を浴びる存在となりました。
とくに晩年に描いた作品には、今日でも格別の評価があります。
大胆な筆勢と細やかな筆触とが見事に融け合った豊かなマチエール、また墨という極めて難しい素材を丁寧かつ繊細な感覚で使いこなし、透き通るほどに瑞々しい画趣を完成させました。
本展では、文人画家としての伝統を継承しながらも、墨と色とが織りなすダイナミズムを独自に追求しつづけた鉄斎の、奇跡の画業に迫ります。

会期:2014年6月14日(土)~8月3日(日)
場所:出光美術館
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9階(出光専用エレベーター9階)
ハローダイヤル:03-5777-8600


この記事をSNSでシェアする