平安の時代から日本でもフラワーレメディはされていた!!

ちょうど一年前に、お茶会に参加させていただく機会がありましたので行ってきました。

明日は「9月9日・重陽の節句」。

菊の被綿(きせわた)を作ろうと思い本日菊を買いに行く予定です。

菊の被綿(きせわた)てなあに?と思われるかもしれませんが、 遠い平安の世にすでにフラワーエッセンスを作ってしていたという 先人達の英知にびっくりのことでした。


まず、菊の被綿(きせわた)の前に、 重陽の節句の由来をまずはお聞きしました。

ちなみに五節句とは、1月7日の人日の節句(七草粥)、3月3日の上巳の節句(桃の節句/雛祭り)、 5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句。

古来の日本では1~9の間の中で9×9=81は極まった数字とされ五節句の最後を飾るそうで、とても究極の数字だそうです。

奇数は縁起の良い陽数、偶数は縁起の悪い陰数と考え、その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりで、 めでたい反面悪いことにも転じやすいと考え、お祝いとともに厄祓いもしていたそうです。

中でも一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽の節句」と定め、 不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。

こうした節句は、行事と関係する植物の名前を冠して呼ばれることも多く、 1月7日は七草の節句、3月3日は桃の節句、5月5日は菖蒲の節句、7月7日は笹の節供、そして9月9日は菊の節句と呼ばれています。

菊は古来より薬草としても用いられ、延寿の力があるとされてきました。 菊は花の中でもかなりパワーが強いということで、下記のようなお話が残っているそうです。


菊のおかげで少年のまま700年も生きたという「菊慈童(きくじどう)」もあるそうで由来を聞かせていただいたり、 そして菊を用いて不老長寿を願うことから、その日に菊酒や菊茶を飲むなど色々お聞きしました。

なかでも 「菊の被綿(きせわた)」といって、 重陽の節句の前夜にまだつぼみの菊の花に綿をかぶせて菊の香りと夜露をしみこませたもので、 平安時代の宮中の女官たちが身体や顔を撫でてたりもしたといい、 月のパワーと香り、夜露によって菊のエキスをまわたに移す・・・ 菊の被綿(きせわた)照れキラキラ




まさにフラワーエッセンスと同じことを、平安の時代の 宮中の女官達もしていたと思うと驚きでした。 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

やはり、天皇家や権力に近い方は、そのようなパワーがあるであろうやり方をご存知なんですね。ドキドキ

先生か以前参加した東京でのお茶会の席には、この被綿(きせわた)を模した和菓子が出たこともあるそうです。

なんとなく想像できますよね。

その時は「菊」の漆器に和三盆、木守り柿、 お軸は「佳秋色」(よき秋の色かな) 城崎 極楽寺 大道和尚書 本当はお軸に花が描かれているのでお花は活けなくてもいいそうですが、今回は活けてみたとのことでした。

2015年の6月に大阪に観に行った、嵐のワクワク学校2015「日本がもっと美しくなる四季の授業」で大ちゃんが表千家でお点前の練習をしていたのは見ましたが、 まさか三か月後にお点前をいただくことになるとは・・最近なぜか和付いています笑 やり方はわからないので、都度教えていただく形でなんとかいただくことは出来ましたがなんかぎこちなかったです。 お点前のお茶をたてている姿を見ていたら、無駄のない美しい動きで一瞬ですが無の境地に立っていました。

戦国の武将達は日々戦や戦略に明け暮れていたので、一幅のお茶をいただくことで緊張を解いて フラットにした状態で、相手国と胸襟を開いて話しをするといった気持がわかった気がします。



明日は菊花茶と、お豆腐に菊の花のあんかけを作って食べて、

菊のパワーを取り込みたいと思います。

【菊慈童の先生から伺ったお話し】

昔宮仕えしていた14歳のとても美しい少年がいました。 ある日、扇子を取ろうとして主の枕の上を跨いでしまったそうです。 昔は死罪に値する罪でしたが、あまりの美しさに殺すに忍びなく、 山奥のお寺に預けられたそうです。 そして幽閉されたまま、菊の花の上の露を飲んで生きながらえていたそうで 美しいまま700年生きていたというお話だそうです。

昨年のお茶会の記録です☆彡

重陽の茶会
会  記 平成二十七年 九月五日(土)
 薄茶
掛物    画賛 佳秋色  大徳寺 大道和尚作 
 花入   おいね籠
 花     野菊 矢はず すすき 
 香合    菊 交趾          
 釜     真形 切合わせ
 風炉先   菊切透かし
 棚     即中斎好 丸卓 松拭漆
 水指    末広 水 交趾
 薄器    瓢棗 蜻蛉   幸斉作
 茶碗    色絵 萩茶碗  勝龍寺釜 乾伸行作          
 茶杓    白竹茶杓 有馬山写 銘 山川 
 大徳寺狐逢庵 卓厳和尚作
 建水    表千家伝来 モール
 蓋置    菊蓋置  麗嘉作
 御茶    銘 幽玄  小山園詰 
 菓子器   菊紋 漆塗 銘々皿 
 菓子    木守柿  三友堂製 
 菓子   和三盆糖  羽根さぬき本舗製

http://ameblo.jp/flowerwaterearth/entry-12191949396.html

# フラワー # ハッピー # happy # セッション # フラワーレメディ # 癒し # 平安時代 # 宮中 # 菊


SOURCE : ameblo.jp



投稿日2016年9月8日    閲覧回数 16 pv

この記事をSNSでシェアする

コメント