甲府戦

担当:大重正人

「甲府さんはああいう戦い方に慣れている。我慢強いサッカーがしっかりできるチーム。それに対して前半は特に攻撃のところでクオリティを出せず、フィニッシュまで行かないというシーンが続いた」。下平監督の試合後の会見。なんとか勝ち点3をもぎとり、ステージ優勝へ踏みとどまれた、苦しい苦しい試合を終えての言葉でした。

やはり戦前の予想通り、甲府は立ち上がりから徹底した守備戦術をとってきました。最終ラインに5枚が並ぶ、5-4-1のシステム。1トップのダヴィ選手もそれほど深追いせず、低めのDFラインとの距離感を保つようなポジションをとり、スペースを消しながら、つねにカウンターを狙っていました。レイソルの最終ライン、中谷選手と中山選手、またアンカーの秋野選手のところはほぼフリーでボールを配球できる状況でした。ただひとたび、一列前のサイドに展開

...続きを読む


出典元 : 日立台広報日記