JR武豊駅

 

明治のはじめ、日本の近代化を推し進めるため、東京と大阪を結ぶ幹線鉄道の建設が計画されました。この建設資材の運搬を目的に武豊線が1866年(明治19年)に開通しました。現在はJR武豊駅が終着駅となっていますが、かつては武豊港に向かって線路が続き、約1Km先の武豊停車場(武豊港駅)が武豊線の起点となっていました。

 

http://taketoyo.info/spot/see/15/



...続きを読む


この記事が役に立ったら「いいね」しよう