飲む日焼け止め(ヘリオケア) 大濠パーククリニック。
冬は夏の紫外線対策と同じかそれ以上にすべきかもしれないのです。その理由は。

(1)冬に浴びる紫外線量が多くなる

日焼けして黒くなったりシミやシワの要因となるUVA波は夏に比べると3分の1ですが、冬場は昼間外にいる時間が長くなるため、浴びる放射線量はかえって多くなる場合があります。

例:夏に15分間で浴びるUVAを100として、冬に60分間では、100×1/3×4=133となり33%増します。

(2)乾燥により肌のバリア機能が落ちる
冬の乾燥でお肌のバリア機能が低下していて夏よりも紫外線の影響を受けやすくなります。

<冬は夏以上に紫外線対策が必要です>
飲む日焼け止め(ヘリオケア)は効率よく紫外線をブロックします。また塗るヘリオケアは何とSPF100で、白浮きしにくく、落としやすい優れた日焼け止めです。

医)清涼会 大濠パーククリニック
福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B
 092-724-5520


SOURCE : www.ohori-pc.jp



投稿日2016年12月30日    閲覧回数 15 pv

この記事をSNSでシェアする