時代はテクノ法要?!福井市東郷二ケ町にある照恩寺は仏教とテクノミュージックをまさかのミックス!その法要の様子が異世界のようでお見事です。
「極楽浄土は光の世界」ということから、現代に合わせてLEDの光で表現。
これは、もはやクラブミュージック。
さいごは「なまんだぶ、なまんだぶ」で終わるんですね。
これは全く新しい仏教の形かもしれませんね。
照恩寺の御住職である朝倉行宣さんは、より一層このテクノ法要を開催するほか、現象しているお寺の法要やお参りを増やしていきたいとの熱い想いを胸に多くの世代にアプローチをしています!
ぜひ応援してください。

固定観念を崩せ!テクノ法要で仏教を身近にー照恩寺住職の挑戦(Ready for)
https://readyfor.jp/projects/techno-hoyo


SOURCE : www.youtube.com



投稿日2017年2月3日    閲覧回数 17 pv

この記事をSNSでシェアする