鹿児島市の中心を流れる甲突川に江戸末期、建造された5つのアーチ石橋が架けられていました。
150年の間現役の橋として県民に親しまれてきましたが、平成5年(1993年)8月6日の集中豪雨により、2橋が流失。
残った「西田橋」など3橋を移設・復元し、併せて石橋の架橋技術や当時の歴史をわかりやすく伝える「石橋記念館」を整備。
「石橋記念館」と「石橋記念公園・祇園之洲公園」を作りました。


この記事をSNSでシェアする