和歌山県東牟婁郡串本町にあるトルコとの友好の証として、建設された「トルコ記念館」。
明治23年、紀伊大島沖で嵐により遭難したトルコ軍艦の遭難慰霊碑の近くに建てられています。
記念館内には、遭難したフリゲート艦エルトゥールル号の模型や乗員の遺品、写真などが展示されていて、当時の様子をうかがい知ることができます。
遭難事故当時に、地元の人々がトルコ人の遭難者に温かい対応を行ったことが日本とトルコの友好関係を築きました。
その他にもトルコ政府から寄贈された品々が展示されています。


この記事をSNSでシェアする