宮城県登米市にある登米懐古館は、古くから栄えた城下町にある歴史博物館です。
静かなたたずまいの城跡の一角に建てられており、その中には「双竜の松」が横たわっていますが、その樹齢は300年以上と推測されています。

館内には伊達家ゆかりの鎧や兜・彫刻・絵画・工芸などがあり、城下町をしのばせる貴重な文化財などがあります。
伊達藩当時の古地図や伊達政宗の刀袋、鎧・書なども展示されています。
子ども達にも歴史が伝わる展示物を見て感じ、学ぶことができるスポットです!


この記事が役に立ったら「いいね」しよう