大分県久住山系の東の麓、長湯温泉。
ここは昭和のはじめ、ドイツとの交流が深かったそうなんです。
一部の施設には「ドイツ村簡易宿泊所」とか、「ドイツ村温泉」なんて名前もあるほど。
ここにある温泉は、「ラムネ温泉館」「長生湯」「御前湯」、「ガニ湯」。
ガニ湯はカニと村娘の悲恋の言い伝えが残る伝説があるんだって。





投稿日2017年3月11日    閲覧回数 21 pv

この記事をSNSでシェアする