茶会のお茶請けに出された黄金色の素朴な饅頭を、戦国時代~安土桃山時代の茶人であった千利休が喜んだことから名付けられた一口サイズの利休饅頭「利休さん」。
一口サイズで食べやすいから、お土産として喜ばれますよ!


この記事が役に立ったら「いいね」しよう