春を告げる福寿草を探して

毎年か、ほぼ毎年なのか、ほどなく訪れる白馬の春のパンフレットが発行されていました。
ただ、問い合わせたところ、今年は春の物は作らないような答えが返ってきました。
毎年作り変えるのって大変な手間であり、経費もかかると思うのですが、ただ、ブログを読み返していてもそうなのですが、毎年おおよその春の見どころなんかは変わることがありません。

福寿草が咲いて、桜がやってきて、その後は姫川源流や親海湿原がいいころを迎える。
4月終わりからは雪形が見られたり、少しずつ出てくる山菜、新緑
田んぼに水が入り、鬼無里も水芭蕉が見ごろを迎え、開山祭もありますね。
そして新しく、5月は北尾根高原という見どころができました。

いつかは??
ホテルでオリジナルな春の小冊子でも作りたいなぁと。
今がまだ真

...続きを読む