写真は気象ブロガーのロジェリオ・パチェコ氏が撮影し、SNSに投稿したもの。

撮影場所はポルトガル、マデイラ諸島。

雲に夕日が反射しているだけの写真ですが、まるで火の玉、もしくは聖書に出てくるあの手を彷彿とさせます。

あまりにも出来の良い写真にコラを疑う声も多かったのですが加工は全くされていないとのこと。

まるで終末を思わせる写真。

久しぶりに、メネメネテケルウパルシンと言う言葉を思い出しました。

こういった少し肌が粟立つような景色を
生で見てみたいものです。


SOURCE : www.reddit.com



投稿日2017年3月29日    閲覧回数 9 pv

この記事をSNSでシェアする

コメント