ゴールデンウィークは何食べる?かつお?まぐろ?それとも、いせえび?あ、ウニ?そうかそうか。



ウニを食べるなら阿久根だね。
4月15日からウニたっぷりのうに丼を2800円で堪能できる、うに丼祭りがあるよ。
阿久根市内の飲食店で、1人前を2800円、基本、ウニ80グラム以上を使用したどんぶりを食べられるよ。
ウニ漁の状況によって、出せる量が少ないときもあるので注意。
基本情報はこっち。
https://akune-kankourenmi.jimdo.com/%E3%81%86%E3%81%AB%E4%B8%BC%E7%A5%AD%E3%82%8A%E6%83%85%E5%A0%B1-%E9%96%8B%E5%82%AC%E6%B1%BA%E5%AE%9A/



ウニは苦手だけど伊勢海老はどれだけでもOK!という人は、『春のえっがね丼まつり』がおすすめ。
場所は大隅半島側、肝属郡肝付町。
こちらは4月22日から30日。大型連休前なので気を付けて。
「えっがね」は地元の言葉で伊勢海老のこと。
肝付町内、6つの店舗で開催。こちらは2700円でご提供。
ロケット打ち上げでもおなじみ内之浦地区で開催されるのだけど、伊勢海老を贅沢に使った料理をお手頃価格で食べることができますよ!
https://peraichi.com/landing_pages/view/egganedon2017



マグロ!ご期待したいなら串木野に。
マグロフェスティバルは4月29日と30日。
マグロ丼やまぐろラーメン、まぐろ舵取り丼といった、串木野を代表するグルメが楽しめるほか、おなじみマグロの解体ショー、即売会もあり、当日はマグロの兜焼きの試食も。
抽選会では、まぐろまるごと1本!・・・
そのまま送られたら大変だな。
魚のつかみ取りや地元物産展もありますよ。
場所は串木野漁港外港。串木野駅から車で10分ぐらいのところにあります。
http://ichiki-kushikino.com/events/post_4.html



鰹が大好き!というあなたには、「こどもの日かつおまつり」。
今年で34回目のこのお祭りは5月4日と5日に開催。ゴールデンウィークの恒例行事。
子供たちによる鰹の一本釣り大会なんかは、地元のニュースで必ず流れます。
枕崎には鰹を使ったオリジナルグルメ「鰹ラーメン」「鰹バーガー」「鰹大トロ丼」もぜひ楽しみたいところ。
私は鰹の腹側がすきです。たまに食べたくなるんだよな。アレ。
そうそう、子供の日ですから、枕崎では「こいのぼり」のかわりに「かつおのぼり」が上がります。
http://www.city.makurazaki.lg.jp/soshiki/suisan/5374.html
https://www.facebook.com/katsuomatsuri/






投稿日2017年4月4日    閲覧回数 12 pv

この記事をSNSでシェアする