福井県坂井市にあるみくに龍翔館。

古代から越前国の玄関口としての役割を担い、物資が集散し、人々が往来する港町として栄えてきた三国。
その三国ならではの独特な文化を紹介し、文化遺産を一堂に集めた博物館です。

三国全体を見渡せる高台に位置する白亜の洋館のような外観は、三国のランドマークとして親しまれています。
1階には、ベザイ船5分の1模型展示と、三国の自然、三国のあけぼのコーナー。
2階では、三国湊の変遷、三国湊のにぎわい、港の文化、港の変貌を紹介。
3階は、三国と近代文学、三国のくらしコーナーなど。
4階は、お子様も楽しめるトリックアートを常設展示しています!


SOURCE : www.ryusyokan.jp



投稿日2017年4月23日    閲覧回数 11 pv

この記事をSNSでシェアする