町名”武豊”の頭文字の由来の社『武雄神社』

 

武雄神社は、奈良時代以前に創建されていたと言われており、鎌倉中期からは、「長尾城」というお城の一画として祀られるなど、歴史の深いお社です。
承久の変後、山城国醍醐より代官として、当地に来た岩田氏が長尾城城主となり、現在は、その末裔が武雄神社のご神官として勤めておられます。

又、別名「月読みの森」と呼ばれるなど、境内に入ると幻想的な趣があり、昔は、満月の夜に境内で和歌を詠むなどの、月の名所でもありました。

 

http://taketoyo.info/p/takeo/



...続きを読む


この記事をSNSでシェアする