富山県富山市にある富山市陶芸館。

富山市古沢の切妻造りの民家を、呉羽丘陵の緑豊かな自然の里に移築し、日本の民窯50ヵ所で焼かれた壺・鉢・皿・茶碗など約500点を収蔵している施設です。

良質な材料を吟味して集め、高度な技術で作られている典型的なアズマダチの民家として評価を受け、平成9年に国の登録有形文化財に登録されました。
陶磁器は、中世から現代に至る全国各地の素朴な美しさをもつ民陶で、常時約100点を展示しているほか、年に一度館蔵企画展を開催しています。
大皿や湯呑などの絵付け体験もできますよ!


この記事をSNSでシェアする