売比河鵜飼祭では、奈良朝の天平時代に和歌に詠まれた、古式ゆかしい鵜飼い漁を現代に再現。行われる漁は2種類で、ひとつは和歌に詠まれた川沿いに歩きながら行う「徒歩渡り漁」。もうひとつは「川舟漁」。こちらは現代式の舟からかがり火を吊り下げて川面を照らしながら行うものです。どちらも魅力的な上に、さらには地元の子どもたちによる浦安の舞や、舞台を彩る花火の演出まである、内容盛りだくさんの行事です!


この記事が役に立ったら「いいね」しよう