『亀紺屋藤岡染工場』は、寛延元年(1748年)の創業より二百五十年余を経た今なお変わらぬ製法によって伝統工芸品を作り続けています。

私ども越後亀紺屋、藤岡染工場では、この度、長岡造形大学でテキスタイルデザインを専攻中の学生さんのデザインによる「新潟手ぬぐい」を合同製作致しました。

こちらは、地域興しと学生育成の一環として、昨年度から行っている企画事業で、昨年度は大変多くの方々からご好評を頂きました。

学生さんには「売れるデザイン」かつ「新潟」をキーワードにデザイン依頼をしています。

その結果、デザイン及び染に至るまで非常に個性あふれる手ぬぐいに仕上がりました。

学生さんには売り上げの一部をデザイン料としてお支払いをするシステムとしております。

【販売所】
新潟伊勢丹、新潟三越、新潟万代美術館、新潟ふるさと村など


SOURCE : smaken.jp
comment
この記事をSNSでシェアする

コメント