2017年6月4日(日)まで。ついに週末は、あと今週、来週のみです。
高知県立美術館『世界が認めた幕末・明治の絵師 これぞ暁斎!ゴールドマン・コレクション』

幕末維新の激動期を生きた画家、河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)〈1831~1889〉。

歌川国芳に浮世絵を学び、前村洞和、狩野洞白に狩野派を学んだ暁斎は、流派にとらわれず様々な画法を使いこなしました。
本展では世界屈指の暁斎コレクションであるイギリスのイスラエル・ゴールドマン氏所蔵の作品群を一堂に集め、圧倒的画力により展開される暁斎の作品世界を紹介します。

◆観覧料
一般前売880円、一般当日1100円(880円)、 大学生当日800円(640円)、高校生以下無料
※( )内は 20 名以上の団体割引料金。※年間観覧券所持者(2,580円)は無料。※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料。


今なら同時展示の『もうひとつの絵金 ― 芝居絵屏風をめぐる土佐の文化』と同時に見れるチャンスです。

◆観覧料
一般360円(280円) 大学生250円(200円)、 高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金。
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知市及び高知県長寿手帳所持者は無料。
*年間観覧券所持者は無料。
* 「石元泰博・コレクション展」、「シャガール・コレクション展」も併せてご覧いただけます。


行って損はない素晴らしい展示だと思います。6月4日まで週末はあと2回!是非行かれてみてください。

#展覧会 #アート #芸術


comment
この記事をSNSでシェアする

コメント