夏の奈良旅キャンペーン「なつの鹿寄せ」

7月16日~9月24日の日曜日・祝日と8月12日(土)実施。

古来より奈良では、鹿を神の使い「神鹿(しんろく)」として大切にし、共生してきました。その文化から生まれた「鹿寄せ」は、100年以上続く伝統行事として現在も受け継がれています。奈良公園の鹿の数は、約1,455頭(2016年7月調べ。)。

ナチュラルホルンの音色に誘われて鹿たちが勢いよく駆け寄ってくる光景は、圧巻です。

勢いある鹿たちから少し遅れて、今年誕生し公園デビューをした小鹿が、母鹿に連れられてやってきます。

他の鹿の勢いで小鹿がケガをしないようにとの母鹿の思いやりが感じられる風景で、ほのぼのとして心が癒されます。

さわやかな朝の澄んだ空気に包まれながら、奈良でしか見られないのどかな風景を楽しんでください。

「なつの鹿寄せ」についての詳しい内容は、以下のURLをご覧ください。http://shikamarokun.jp/naratabi/top2.html

出典:公益社団法人奈良市観光協会


この記事をSNSでシェアする