香美市の主要観光スポット・龍河洞を(再)発見♪

高知県香美(かみ)市の主要な観光スポットの一つであり、昭和9年(1934年)12月28日に日本政府によって国の天然記念物及び史跡に指定され、日本三大鍾乳洞の一つとしても知られる龍河洞。

昭和6年(1931年)の8月より入洞が始まりピーク時には100万人の年間入洞者数を突破するなどものすごい観光客が押し寄せ入洞までに時間がかかる人気ぶりでした。

龍河洞の特筆すべき点といっては、なんといっても洞窟出口付近に弥生時代の人類が生活した跡が残っており、また当日の土器が長い年月をかけて鍾乳石に巻き込まれて取れなくなっている、いわゆる「神の壺」があるということです。これは世界中どこにも類例がないといわれ考古学上の貴重な資料となっており、また、2000年ほど前の弥生時代の生活を直に感じられる空間となっています。

これから梅雨や

...続きを読む


この記事をSNSでシェアする