日焼け止め対応 大濠パーククリニック。

自宅で
1)4時間以内に冷たいシャワーか水風呂で冷やし、ほてりを鎮める。ぬれタオルや氷水が入った氷嚢でも有効

2)保湿をターマルウォーターでしっかり

3)乳液(クリーム)で肌を保護

4)水分、睡眠を十分とる

5)飲む日焼け止め内服

6)蛋白、亜鉛、ビタミンC、E、ベーターカロチン

病院での 治療が必要な日焼け治療(赤み、痛み、水膨れ、皮剥け、腫れ、ヒリヒリ)では、

1)ステロイド塗布、抗アレルギー剤、消炎鎮痛剤内服

2)ビタミン等内服(ビタミンC,Eとトラネキサム酸)

3)ビタミンC誘導体やトラネキサム酸ローション塗布

4)高濃度ビタミンC点滴

5)イオン導入(ビタミンC 、トラネキサム酸)

6)レーザートーニング



医)清涼会 大濠パーククリニック
福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT 2B
092-724-5520


SOURCE : www.ohori-pc.jp
この記事をSNSでシェアする