近くに住んでいる人でも実感がわかない、本当の国道58号線の姿はなぜこうなった?


国道58号線、
私にとってはほんの700メートルほどの短い国道。
鹿児島市の西郷隆盛像ちかくから始まった国道58号線は鹿児島の港へ一直線に進み、消えていく道なのです。

不思議に思ったのは中学生のころ。種子島に1年半ほど移り住んだ私に飛び込んだのは、あの国道58号線の三角おにぎりマーク。
鹿児島市では短かった国道と同じ数字の標識が種子島にもあったのです。

そう、国道58号線は実は、海を渡り鹿児島から種子島に続き、名瀬市を経由して沖縄まで続いていたのです。
その総延長は884キロメートル。
鹿児島から逆に本州側に走ると、そのまま大阪に着きます。



国道58号線、その長大な道のほとんどは海上国道。


海上国道とは、会場部分を含めて一般国道としている国道のこと。
海上区間はフェリーなどに乗ることで通行できるというものなのだけれど、実は必ずしも船が就航していなければならないというわけではないそうで、実際国道58号線でも、種子島の南端から名瀬市までは船が通っていません。
58号線の海上国道は、全体の7割以上。ほとんど海です。

鹿児島から種子島、西之表市までは高速フェリー「ロケット」と「トッピー」、通常のフェリー「プリンセスわかさ」が。
鹿児島から名瀬、そして沖縄までのフェリーとして「フェリーあけぼの」と「フェリー波之上」が就航しています。
これらのフェリーが国道58号線を走っている、と考えていいかもしれません。

日本の国道の中で、総延長が日本一!
ちょっとずるいけどね。( ˘ω˘ )
ちなみに、ちゃんとした道になっている国道で一番長いのは、東京から青森まで、東北を縦断する国道4号線で、855キロほどあります。



沖縄返還と同時にできた、鹿児島と沖縄を結ぶ国道58号線


国道58号線、それは1972年(昭和47年)の沖縄返還を期にできました。
それまで沖縄で「1号線」と呼ばれていた道、それが1号線を含む鹿児島市から沖縄県那覇市なでの区間を国道58号として指定。
そのころの国道の番号として一級国道ではないものの、二桁の番号が付けられました。

もし、時間に余裕があるのならば、この国道58号線をめぐる旅をする、なんてことをしてみたいのですが、道のりにそって、順当に旅行するのは難しそうです。



SOURCE : www.amazon.co.jp
comment
この記事をSNSでシェアする

コメント