最後は、よく色々な漢方薬にも配合されている
「カンゾウ」です。
お化粧品にも、よく使われています!!

甘草は古く4000年の昔、メソポタミアの渓谷で発見され、強壮剤、美容薬として用いられたの
がその起源とされています。
このグリチルリチン酸は、優れた抗炎症作用を示す成分として、医薬品、医薬部外品、

化粧品の分野で現在、最も汎用されている成分の一つです。
また、グリチルリチン酸の他にも、数種のフラボノイドなどを含みこれらの成分が
優れた美白作用を有することも確認されました。

さらに、近年、アトピー性皮膚炎患者の増加により、強い抗IV型アレルギー作用や
保湿効果を有するカンゾウエキスが注目され、浴用剤に多く配合されるよう になりました。

グリチルリチン酸や甘草エキス末は、医薬部外品の浴用剤の有効成分としての

前例もあり、一部のメーカーで使用されています。
改めて、先人たちが身近にある植物のパワーを使って
生活に役立てて居た事を深く知り、ハーブ達に感謝を感じました.

低刺激でお肌が潤うアルシーの自然派化粧品↓おススメです。
http://althem.net/
HPはコチラ↓
http://www.yuubi.co.jp/

#アルシー  #ゆう美  #美容  #美肌 #潤い #敏感肌  #ケア  #保

湿 #オールインワン  #自然派 #ナチュラル  #スキンケア #肌


SOURCE : www.yuubi.co.jp
この記事をSNSでシェアする