『不思議な話』実家に泊まり両親と娘と布団を並べ寝てたんだけど夜中に娘が消えた。見回すと部屋の隅で娘がわずかに浮遊してた。


ある日、娘と二人で実家に泊まることになって、和室に父・母・私&娘の布団を3枚敷いて寝た。


ちなみに自宅ではベッド。


夜中、ふと目を覚ますと隣に娘が寝ていない。


どこかに転がっていったのか?と思って布団の周りを見てもいない。


寝ぼけてどこかに行ったのか?と思って隣のリビングやトイレなどを見たけどいない。


娘が消えた…!と顔面蒼白。


父母が起きるからと電気をつけずに静かに探していたけどそんなことを言っている場合じゃない。


というか、起こして一緒に探してもらわねば!


と思ったところで、寝ていた和室の隅っこの薄暗がりの中に何かの影を見つけた。


娘だ!よかった!と思って気がついた。


うつぶせで寝ている娘が、床からうっすらと浮いている…!


わずかながら確かに浮いている!!


ひぃぃいい!


となって恐る恐る娘に近づいて気がついた。


娘、ボールにうつぶせになってのっかってた。


バランスボールほど大きなボールじゃなかったしパジャマの上着がだらんと下がってボールが隠れていた。


👓かけても0.6くらいしか見えない眼鏡を即効で買い替えに行った(笑)


SOURCE : release.co.jp



投稿日2017年8月10日    閲覧回数 65 pv

この記事をSNSでシェアする

コメント