海外旅行にiPhoneを持っていく時は海外で使えるように設定をお忘れなく!
まずは出国前に海外接続アプリのインストール
をしておくとパケット定額サービスの対象事業者の確認や設定をサポートしてくれますよ。
また、現地に着いたときに高額請求にならないようにローミングのオフも必要ですね。
現地に着いたときの設定はいくつかあって、

■設定1:通信は一切しない

電話は出なければタダとはいえ、仕事の電話などがかかってくるのも落ち着かないし、データ通信は不要という人。圏外でも使える目覚まし時計やカメラなどに限って使う場合。

(1)「設定」>「機内モード」がオフになっていればオンにする

■設定2:電話だけ使う。データ通信はしない

いざというときのために電話はつながるようにしておきたいけれど、インターネットに接続しなくてもOKという人向け。SMSは可能。

(1)「設定」>「機内モード」がオンになっていればオフにする

■設定3:電話は使わない。データ通信にはWi-Fiだけを使う

インターネットに接続したいものの、データ通信料なるべく抑えたい人向け。SMS、MMSはできません。

(1)「設定」>「機内モード」がオフになっていればオンにする
(2)「Wi-Fi」をタップ。該当するネットワークを選択し、パスワードを入力。通信が始まる


■設定4:電話は使う。データ通信にはWi-Fiだけを使う

いざというときの連絡手段として電話は通じるようにしておき、データ通信は安くあげられる範囲で利用したい人向け。無料Wi-Fiだけを使えば、実質データ通信料はゼロです。

(1)「設定」>「機内モード」がオンになっていればオフにする
(2)「Wi-Fi」をタップ。該当するネットワークを選択し、パスワードを入力。通信が始まる

■設定5:電話は使う。データ通信にはパケット定額サービス(+Wi-Fi)を使う
電話もネットもほぼ日本と同じように使いたい人向け。データ通信では基本的にパケット通信よりWi-Fiが優先されるので、宿泊先のホテルなどに無料Wi-Fiがあれば合わせて設定しておくと、通信料が節約できる場合があります。

(1)「設定」>「機内モード」がオンになっていればオフにする
(2)「キャリア」>「ネットワーク選択」で、「自動」をオフに。出てきたキャリアのうち、パケット定額対象事業者を選択。左上の「設定」ボタンを押す。
(3)「設定」>「モバイルデータ通信」>「モバイルデータ通信」をオンにする
(4)「モバイルデータ通信のオプション」をタップし、「データローミング」をオンにする。
(5)「モバイルデータ通信のオプション」>「4Gをオンにする」をタップし、「データ通信のみ」(または「音声通話およびデータ」を選択する
(6)Wi-FI環境下では、「Wi-Fi」をタップ。該当するネットワークを選択し、パスワードを入力。通信が始まる

この手順を踏めば高額請求を気にせずに安心して使えますよ(^^)





投稿日2017年8月12日    閲覧回数 33 pv

この記事をSNSでシェアする