【己の使命を果たす】 それぞれの人に、それぞれの役割があるからこそ、それだけ多くの人が魂修行をしているのです。他の人もそうであるように、あなた自身もそうなのです。 したがって、「自分は今世、いったいいかなる役割を持って生まれてきた人間なのか」ということを、もう一度、一日の反省のときに見つめてみることです。そうすると、「おそらく自分は、このような使命を持った人間なのだ」ということがわかります。 その天命にいちばん沿ったなかで、自分を光り輝かせていくことこそが大事なのです。それを、他人の人生と入れ替えようとしてはいけません。

閲覧回数178 pv