New


 
雲マニアに朗報です。

知る人ぞ知る国際雲図帳に30年ぶりに
新種の雲が追加されたそう。

その名も「アスペラトゥス波状雲」。

以前からイギリスの雲評価学会が分類して名前を付けるべきだと主張していた雲の種類で、今回ようやく認定されたそう。

雲に名前をつける意味は、新しく雲の名前を国際雲図帳に追加することで、世界中の気象学者たちが統一された雲の特徴の分類ができるようになる、との理由から。

ちなみに日本的に言うと名前をつけるのは
呪いをかけるということ。

産まれて名前をつけられた瞬間から、
名前と言う呪いに縛り付けられている
人間のなせる技のように感じます。

ちなみに呪いイコール悪いイメージと感じる方が多いと思いますが、実はそうではありません。

同じ名前で数十年呼ばれることで起きる何か。

いつも気にしていなかったものの名前を初めて知ると、また何か違った印象を受けたり、物に名前をつけた瞬間から愛着が湧くのも然り。

名前で縛る。

最も身近な呪いで、私は親近感のある呪いに愛着を感じます。

雲の名前からかなり外れてしまいました。

雲の種類について興味ある方はリンク先へどうぞ。

まずはウィキから読み進んでみてください。

雲マニアに朗報です。 知る人ぞ知る国際雲図帳に30年ぶりに 新種 ...

もっと見る

投稿日:2017年3月30日

   

comment 

avatar
写真は気象ブロガーのロジェリオ・パチェコ氏が撮影し、SNSに投稿したもの。

撮影場所はポルトガル、マデイラ諸島。

雲に夕日が反射しているだけの写真ですが、まるで火の玉、もしくは聖書に出てくるあの手を彷彿とさせます。

あまりにも出来の良い写真にコラを疑う声も多かったのですが加工は全くされていないとのこと。

まるで終末を思わせる写真。

久しぶりに、メネメネテケルウパルシンと言う言葉を思い出しました。

こういった少し肌が粟立つような景色を
生で見てみたいものです。

写真は気象ブロガーのロジェリオ・パチェコ氏が撮影し、SNSに投稿 ...

もっと見る

投稿日:2017年3月29日

   

comment 

avatar
ある日の部屋から見た夕焼け。

沖縄で撮りためた夕焼けと比べると大分オレンジ色が強いです。

一説によると赤に近ければ近いほど空気が汚れているそう。

でも正直真っ赤な夕焼けが見られたら綺麗だなと感動する事間違いなしです。

沖縄は島なので空気が綺麗なせいか、真っ赤な夕焼けは見たことがありません。

夕焼けのイメージは金色です。

こんな事を考えていると少し沖縄が恋しくなってしまいます。

 tags[福岡県]

ある日の部屋から見た夕焼け。 沖縄で撮りためた夕焼けと比べると ...

もっと見る

 

投稿日:2017年2月15日

   

comment 

avatar
以前住んでいた沖縄の家からは見えなかった夕焼けが ベランダから見られました。
こんなに穏やかな夕焼けですが、じわじわと台風が近づいてきています。
被害が出ませんように。 tags[福岡県]

以前住んでいた沖縄の家からは見えなかった夕焼けが ベランダから ...

もっと見る

 

投稿日:2016年9月3日

   

comment 

avatar
今日も那覇は晴天。
強い陽射しで全てがくっきり見えます。
天網恢恢疎にして漏らさずとはよく言ったものですね。
それにしても暑い。。 tags[沖縄県]

今日も那覇は晴天。 強い陽射しで全てがくっきり見えます。 天網恢 ...

もっと見る

 

投稿日:2016年6月21日

   

comment 

avatar
沖縄は連日晴天。
本来涼しさを受ける青色に、今日は暑苦しさを感じてしまいます。
泳ぎたい!!! tags[沖縄県]

沖縄は連日晴天。 本来涼しさを受ける青色に、今日は暑苦しさを感 ...

もっと見る

 

投稿日:2016年6月19日

   

comment 

avatar
 
top