New

技術


 
先日イプシロンロケット3号機による高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)の打上げの発表がありました。
日本が誇る新型ロケット。
将来ロケットの打ち上げは日常的なものになるかもしれません。

大好きな小説の中の風景が日常的に見られる時代がいつかやってくる。

歳をとったせいか最近数十年先の事を考えると人間の寿命の短さに焦りを感じます。

宇宙解明や深海に潜む謎や人間の完全解明や、まだまだこの先に解かれると思われる謎の数々が全部見られないのが今から残念で仕方ありません。

なので出来る限り見られるものはこの目で見て行きたいです。

先日イプシロンロケット3号機による高性能小型レーダ衛星(ASNARO- ...

もっと見る

投稿日:2017年9月14日

   

comment 

avatar
昨日から出ていた大雨特別警報もようやく解除された福岡。

福岡市内は特に問題なかったのですが、ニュースをみた北海道や沖縄の友人たちが心配メールをたくさんくれました。

有り難いです。

このまま雨が落ち着いてくれることを祈るばかり。

とにかくここ最近日本は大雨ばかり。

そんな中、理化学研究所が世界初の30秒更新&10分後までの天気予報をリアルタイムで伝えてくれる「超高速降水予報」を開発したそう。

30秒ごとという高頻度で60km遠方までの雨粒を隙間なく3Dスキャンすることで雨粒の立体的な動きを捉え、将来もそのまま動き続けるという仮定で降水予報する3D降水ナウキャスト手法というもの。

いざという時の不測の事態を予測するために一役買ってくれるシステムです。

ちなみにこの降水予報は、理研のウェブサイトから見ることが可能です。

昨日から出ていた大雨特別警報もようやく解除された福岡。 福岡市 ...

もっと見る

投稿日:2017年7月6日

   

comment 

avatar
明日はH-IIAロケット34号機による「みちびき2号機」(準天頂衛星)の打上げです。

いつか生で見てみたいロケット打ち上げ。

時間のある方でこれまでロケットに興味のないかた、ライブ中継を一度見てみて下さい。

ロケットがゆっくりと浮かび上がってどんどん空へ登るあの情景を見たときの感情は、見て見ないと説明できません。

個人的に鼻血ものです。

そして成功率が90パーセント以上というのは世界に誇れる技術でもあります。

明日の打ち上げ時間は9時17分46秒(日本標準時)なので是非見てみて下さい!

明日はH-IIAロケット34号機による「みちびき2号機」(準天頂衛星) ...

もっと見る

投稿日:2017年5月31日

   

comment 

avatar
2009年に発見された新しい青色素を使ったクレヨンが、クレヨラ社から発売されることになったそうで、現在、その色名を募集中とのこと。

その色素は、米国オレゴン州立大学の物質科学者が酸化マンガン類を1,000度に加熱して電気的特性を研究していた際に
偶然発見されたもので、イットリウム、インジウム、マンガンという3種の元素が結合してできたものだそう。

これまで自然界に例がなく、異常に高い近赤外線反射率を持ち、「完璧に近い鮮やかな青色」と言われています。

そしてクレヨラ社は今月、この新しい色素をクレヨンの青として採用することを発表。

現在この色素には、元素記号(イットリウム=Y、インジウム=In、マンガン=Mn)を繋ぎ合わせて「YInMin (イン・ミン)ブルー」という名前が付けられているようですが、クレヨンとしての色名はまだありません。

新たな色名をサイトやTwitterで募集しているそうなのでピンときた方は是非投稿してみてください。

自分の考えた名前が色の名前になるなんてなんだか羨ましいですね。

2009年に発見された新しい青色素を使ったクレヨンが、クレヨラ社か ...

もっと見る

投稿日:2017年5月18日

   

comment 

avatar
乳製品アレルギーの方に朗報です。

本物の牛乳と一切遜色無い合成ミルクの作成に成功したそう。

開発したのは、ライアン・パンドゥヤ氏とペルマル・ガンジー氏が設立したスタートアップ企業、パーフェクトデイ社。

まず、これまでの合成ミルクを作る方法には全てイースト菌が使われます。

しかし今回、そこらのイースト菌ではなく、3Dプリント技術で乳牛へと作り変えられたものを使用するそうで、両氏は”バターカップ”という愛称で呼んでいるよう。

具体的には、牛のDNA情報から3Dプリンターで配列を再現し、そのDNA配列をイースト菌に注入。

こうして作られたバターカップが通常のイースト菌のように糖を発酵させるとき牛の体内のように機能し、本物の牛乳タンパク質(カゼインと乳清)が作られ、これを植物由来の脂肪と栄養に混ぜれば乳糖が入っていない牛乳が完成するそう。


味も舌触りもまさに牛乳そのもので、違いと言えば乳糖が入っていないことと、牛から搾り取ったわけでもない点だけ。

出荷される製品からはフィルターで遺伝子組替えイーストをきちんと除去してあり、ミルクに含まれるタンパク質は牛乳と同じ普通のタンパク質で、遺伝子組替え作物ではないため、本製品は遺伝子組換え食品でもありません。

まさに次男がよく乳糖でお腹を壊していたのでこれが早く発売されていて欲しかったです。

ちなみにパーフェクトデイ社は最初の製品を合成ミルクにするつもりはないそう。

なぜならば、合成ミルクに興味を示しそうな人はすでにお気に入りの代替品を見つけているはずだから。とのことで。

ただ、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームなどの加工品についてはあまり満足のいく商品が出回っていないため、そこを狙い目にしているよう。

すでに 同社初の乳製品が2017年末に発売される予定という発表もあります。

日本は特に乳糖を消化できない赤ちゃん多数なので、合成ミルクの発売にも是非踏み切ってほしいものです。

乳製品アレルギーの方に朗報です。 本物の牛乳と一切遜色無い合成 ...

もっと見る

投稿日:2017年5月12日

   

comment 

avatar
 
top