春日大社でお盆の時期に行われる「中元万燈籠」は、境内に3000基にも及ぶ燈籠が飾り付けられます。 800年前の昔から今に至るまで、貴族や武士をはじめ庶民から奉納されたもので、2月の節分と8月14・15日の夜にこれら全てに火が入れられます。 石燈籠が整然と並ぶ二之鳥居から本社付近、そして釣燈籠が並ぶ朱塗の回廊などは、王朝絵巻を見るかのようです。

閲覧回数61 pv