第47番札所 熊野山 妙見院 八坂寺 浄瑠璃寺から北へ約1キロと近い八坂寺との間は、田園のゆるやかな曲がり道をたどる遍路道「四国のみち」があります。 遍路の元祖といわれる右衛門三郎の伝説との縁も深い場所です。 そちらも見どころです。 現在、寺のある場所は、十二社権現と紀州の熊野大権現が祀られていた宮跡で、本堂、大師堂をはじめ権現堂、鐘楼などが建ちならび、静閑な里寺の雰囲気。 本堂の地下室には、全国の信者から奉納された阿弥陀尊が約8,000祀られています。 本堂と大師堂の間は閻魔堂と呼ばれており、「極楽の途」と「地獄の途」が描かれています。 極楽には美しい浄土が、地獄には餓鬼道、畜生道、修羅道などを見ることができますよ。 第47番札所 熊野山 妙見院 八坂寺 住所: 〒791-1133 愛媛県松山市浄瑠璃町八坂773 電話:089-963-0271

閲覧回数24 pv