諫早万灯川まつり。本明川を灯す23,000本の灯明が犠牲者の冥福を祈る! 昭和32年(1957年)の諫早大水害は、630人の尊い命を奪いました。この犠牲者の冥福を祈り、防災の誓いを新たにするため、諫早市と諫早商工会議所などが大水害にあった7月25日に諫早公園前の本明川河川敷一帯で毎年開催されています。 7月25日、本明川の裏山橋から諫早橋間の1,8キロ区間に午後8時から午後9時までの1時間に繰り広げられる暗く静寂な川面に揺れる神秘的な23,000本の万灯と夜空に広がる2,000発の花火の光と音のコントラスト。全国的にもとても珍しい、幻想的なまつりです。 日時:7月25日(土曜日)午後8時~9時 場所:本明川一帯(式典会場:高城橋上)

閲覧回数19 pv