北海道 知床の国道脇で3頭のヒグマを目撃!!(毎日新聞) 北海道斜里町ウトロの国道334号脇で13日早朝、ヒグマ3頭が歩いているのを毎日新聞北海道支社総務部の栗田雅彦主任が目撃し、車内からの撮影に成功した。 目撃したのは同日午前4時40分ごろ。クマはいずれも体長2メートル前後で、道路脇の草むらを餌を探すように歩いていた。5分ほどで森の中へ戻っていった。 ヒグマ対策にあたる知床財団によると、知床半島のオホーツク海側にある斜里町では年間800件前後のヒグマの目撃情報が寄せられるという。同財団の寺山元・事務局次長は「ヒグマが人に慣れたり、危害を加えたりするのを防ぐため、目撃しても車からは降りないでほしい。餌やりは道の条例違反になる」と注意を促している… 毎日新聞 http://mainichi.jp/select/news/20150714k0000m040061000c.html

閲覧回数95 pv