東洋美術の伝統的主題である花鳥・山水は、中国を起源として東アジアで広く愛され、絵画をはじめ工芸品を装飾する代表的な図柄として用いられてきました。 富山市佐藤記念美術館 行われるこの展覧会では、江戸時代から近代までの絵画をはじめ、陶磁器・漆工品・金工品などを展示します。

閲覧回数14 pv