『壱岐の黒崎砲台跡』です。 『東洋一の砲台』といわれ、猿岩隣の小高い丘にあります。この砲台は、対馬海峡を航行する艦船を攻撃する目的で設置されました。砲台は口径41㎝、砲身18㎝の2連砲で距離は35km飛ぶとのことでした。戦艦土佐の主砲といわれてますが実は空母赤城の主砲のようです。普段は地下に潜り、海上からは見えない構造でした。終戦後、解体されましたが周辺施設は当時のままで、現在は跡のみが残る戦争遺産です。

閲覧回数27 pv