愛知県津島市で開催される、尾張津島天王祭は豪華絢爛!夜の点灯も綺麗ですよ~。 灯りと水の時代絵巻、幻想的な尾張津島天王祭は「日本三大川まつり」のひとつです。 7月25日に開催される宵祭は、二隻の舟をつなぎその中心に真柱を立て、そこに一年の月数十二個の提灯をつけ、半円形に一年の日数三百六十五個の提灯をつけます。 7月26日は朝祭が行われます。 朝祭の舟(車楽舟)の最高部には、能装束を模してつくられた衣装をまとった人形が乗るが、津島の五隻中、先頭を行く当番車には必ず「高砂」が乗る 尾張津島天王祭の車楽船行事はユネスコの無形文化遺産候補になっています! ぜひぜひいまご覧になってくださいませ。

閲覧回数23 pv