東野圭吾の「天空の蜂」 1,995年に発表されたお話ですが、 原発テロをテーマにした内容で 9月には実写映画の公開も予定しています。 「原発は必要だけれども、事故は起こすなというのは、 交通手段が他にないから飛行機には乗るけれど、事故を起こすなと言うのと同じ。 技術と努力で事故を起こす確率を下げることはできるが、 決してゼロにはできない。 搭乗券を買った覚えはないかもしれないが、 日本国民は原発という飛行機にもう乗ってしまっている。 ただ、その飛行機を飛ばさないという選択もできる。 一部の活動家は主張をするが、大部分は沈黙の乗客だ。 彼らが何を考えているかはどこにも誰にも伝わらない。」 今だからこそ読みたい小説です! 芥川賞を受賞した、ピース又吉の火花が話題ですが 売り切れ続出ですので、ぜひこちらを・・・。

閲覧回数33 pv