司会を務める「ひろいき村」が低視聴率にあえぐ有吉弘行。視聴率1桁台…ついに「有吉の時代」終わりか??  低迷が続くフジテレビが今春、勝負をかけて大型改編を敢行した際に誕生した新番組が、軒並み苦戦を続けている。そうしたなか「9月での打ち切りが最も濃厚」といわれるのが、意外にも“視聴率男”と評判の有吉弘行(41)がMCを務める「おーい!ひろいき村」(土曜午後7時)だ。 そのウラには、春の改編の責任者だった前編成部長が異動した影響があるとみられている。「おーい!ひろいき村」は番組サイトによると、全国の自治体で行われているさまざまな活動を盛り上げるべく、芸能人が体を張って参加するというコンセプトのバラエティー。昨秋から月曜深夜に25分番組として放送されていたものが、「今春の大型改編の目玉の一つ」として、ゴールデンタイムの1時間番組に昇格となった。 最近多くの冠番組を持つ有吉だけに期待されたが、視聴率は1桁台を低迷。6月20日放送分では3・8%を記録。その後、大幅に上昇する兆しはなく、直近の今月11日放送分も4・8%にとどまり、ネット上などでは「ついに有吉の時代も終わったか」などと言われている…  東スポWeb http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/425181/

閲覧回数15 pv