北九州市門司区の九州鉄道記念館で「列車行先案内表示板(サボ)展」が9月28日まで開催されています。 「サボ」とは「行き先表示板」つまり、サイドボードを略して「サボ」と呼ばれているもので、古いものは戦前から昭和50年代まで使われていた列車の「行き先表示板」を集めた展示会で、約200点が展示されています。 九州鉄道記念館2Fの企画展示スペースで行われ、入館料のみで入場することができます。

閲覧回数31 pv