福岡県庁舎の秘密をご存知ですか?現在の福岡県庁には、知る人ぞ知る面白いトリビアが隠されているのです。 現在の福岡県庁舎は、福岡県警本部と県議会棟との間に建てられています。 議会棟は亀の甲羅の形をしており、県庁は井の字の形の建物となっており、県警本部の屋根にはソーラーパネルがついています。 この県庁舎を建てた当時の県知事は亀井光氏。 そうなんです!「亀」の形の議会棟と、「井」の形の県庁舎、そして「光」る県警本部のソーラーパネル。 合わせると「亀井光」になるのです。(^^) 県の施設に後世まで名を残した県知事だったのですね。 ぜひ、お酒の席の話のネタにしてみてくださいね! 福岡トリビアでした。♪

閲覧回数271 pv