茨城県大子町にある日本三名瀑の1つである袋田の滝は、高さ120m・幅73mの大きさを誇ります。

流れが4段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれています。
四季折々にいろいろな表情を見せてくれますが、特に秋は滝を囲うようにイロハカエデやオオモミジなどの色鮮やかさは必見です!

光と音で演出するライトアップもしており、昼間とは全く違った滝の表情が見られますよ!



Uploaded by user



投稿日2016年10月28日    閲覧回数 6 pv



この記事をSNSでシェアする