こんばんは。 突然ですが、皆様、外食の頻度は如何ですか? この時期は忘年会で外食→年末年始で外食をする機会が多くなる→年が明ければ新年会で外食などと、年末年始に近いほど外食の頻度が皆様増すことでしょう。 今回は、外食や職場での弁当利用について記載します。 外食や職場での弁当利用での注意 ①栄養の偏り ②酸化した油の摂取 ③舌が濃い味付けに慣れてしまう 以上の点から具体的に申しますと、 ①脂質やたんぱく質の過剰、亜鉛や食物繊維の不足等 ②調理の際にサラダ油やキャノーラ油等の精製された油を使用し、加熱という行為で酸化した油に変化するため、摂らざるを得なくなる ③万人に受ける味にするがために醤油・塩・油等の調味料を多量に使用せざるを得ない 特に②の酸化した油の摂取に関しては、鉄分を含んだ赤みの肉との取り合せが活性酸素を生む脂質ラジカルを作り出し、発がんの原因にもなり得るので注意が必要です。 脂質ラジカルと食物繊維不足の相乗で大腸がんが増え続けていて、今やがんで死ぬ人の割合で大腸がんはトップというくらい怖いものです。 油脂の質には気を付けてほしいですし、油脂の質を高めるには「亜麻仁油」がお勧めです。 http://3016.jp/beeluck/item.cgi?up_item5=1ama1 加えて、①の栄養の偏りと③の舌が濃い味付けに慣れてしまうは、両方をカバーするために写真の亜鉛をお勧めします。 軽く見てほしくないですね。 「バカ舌=味覚音痴」バカ舌を軽く見ていたら病気になりやすい!http://hagetakamatu.hatenablog.com/entry/2016/01/30/160245 とにかく、外食や職場での弁当利用を日常から控えていくこと、それが対策への第一歩ですことを理解し、心がけていきましょう。 飲み食べの過ぎることがないよう、体調管理なども含めてお互い気を付けていきましょう。

閲覧回数47 pv