画像は知る人ぞ知るファントム。

白と黒の幽霊のような形の砂煙から命名。世界で一番高い値のついた写真です。

価格は650万ドル(7億7千万円)。

撮ったのはオーストラリア出身のカメラマン、ピーター・リク。

アーティストにしては珍しく、売り込み手腕があり「From The Edge」というテレビ番組に出たり、タイムズスクエアのジャンボトロン(ソニーの巨大ディスプレイ)で大々的に宣伝したことで成功しているようです。

とにかくリクの写真は何故か億超えが多いです。

物に価値を付ける。改めて考えさせられます。


SOURCE : matome.naver.jp



投稿日2017年1月28日    閲覧回数 23 pv



この記事をSNSでシェアする

コメント