滋賀県大津市にある琵琶湖疏水は、1885年に京都への飲料水の供給と灌漑、水運、発電を目的として工事が始まり、1890年に完成しました。
滋賀県大津市三保ヶ崎から山科、蹴上を超え京都市内に入り、伏見、宇治へと流れています。

滋賀県側の大津港近くの取水口からトンネルまでの水路沿いには、ソメイヨシノ、ヤマザクラなどのサクラが約200本並び、お花見シーズンには、水面を薄紅色に染め上げます。
ライトアップもされ大津では有名なお花見スポットですよ!





投稿日2017年3月17日    閲覧回数 12 pv



この記事をSNSでシェアする