鎮痛剤や片頭痛専用約を月に10回以上使用 大濠パーククリニック。

当院には鎮痛剤剤や片頭痛の治療薬(イミグラン、マクサルト、ゾーミック、レルパックス、アマージ)を他院で処方され、長い間使い過ぎている方々が多数来られます。
2013年、国際頭痛学会誌 で国際頭痛分類第3版(ICHD-III)のbeta版が発表されました。2014年、日本語版を作るに当たり(1998年に初版、2004年に第2版以来の大幅改定です)、以前、薬物乱用頭痛(MOH:Medication Overuse Headache)と言われていたものは、日本では、覚醒剤などの違法薬物の乱用とまぎらわしいとの指摘 が医師、患者からされていたこともあり、『薬剤の使用過多による頭痛』と名を変え、二次性頭痛分類されました。

『薬剤の使用過多による頭痛』の診断基準

A.以前から頭痛疾患をもつ患者において、頭痛は 1ヵ月に15日以上存在する
B.1種類以上の急性期または対症的頭痛治療薬を 3ヵ月を超えて定期的に乱用している
C.ほかに最適な ICHD-3 の診断がない

1)エルゴタミン、トリプタン、オピオイド、複合鎮痛薬乱用頭痛は1ヵ月に10日以上、定期的に摂取している
2)単純鎮痛薬乱用頭痛は1ヵ月に15日以上、単一の鎮痛薬を摂取している

治療は、
1)現在使用薬物の中止
2)新たなトリプタンの使用
3)予防薬の開始

大濠パーククリニックでは、各種トリプタン、必要時複数の予防薬を使用し、漢方薬を取り混ぜながら、薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)の治療を行っております。

医)清涼会 大濠パーククリニック
福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT2B
092-724-5520





投稿日2017年5月7日    閲覧回数 9 pv



この記事をSNSでシェアする