\あぱぱができるまで~編集編~/ 前回は、営業スタッフの仕事を覗いてみましたが、今週は編集・制作スタッフの仕事にスポットを当ててみます。 みなさまが普段手に取っている「あぱぱ」の誌面は、どうやって作られているのでしょうか。 ●求人広告部分 まずは募集要項部分。これは専用の専用のデータベースを使い、営業スタッフまたは制作スタッフが作成します。 職種や給与・時間・休日など、規定で必須明示項目とされているものはもちろん、お仕事の内容や待遇などを、少しでも詳しく表記するよう努めています。 文字数や使える記号なども制限しており、読者の方にとって「見やすい」「わかりやすい」がモットーです。 給与や時間などが法律違反をしていないかも、しっかり確認します。 大きな原稿にある「フリースペース」の部分。こちらは募集要項の部分と違い、文字数制限などはありませんし、写真やイラストも使えます。 こちらは、営業スタッフが内容を考え、制作スタッフが作成するという流れがメインです。 場合によっては、営業スタッフと制作スタッフが話し合いながら内容を考えることもあります。 求人企業の要望も踏まえ、募集している職種や企業のことをより魅力的にアピールできるよう、頭をひねりながら作成しています。 ●求人広告以外の部分 「あぱぱ」には表紙や編集後記など、いわゆる求人広告以外のスペースもあります。 こちらは、編集スタッフの担当です。編集スタッフは制作スタッフも兼ねており、求人広告を作るかたわら様々な作業をしています。 【あっぴい】 表紙をはじめ、誌面のあちこちで活躍してくれている「あっぴい」は、「あぱぱ」のイメージキャラクターです。 「クマなの?サルなの?」と聞かれることがよくありますが、「あっぴい」という生き物だと思ってください(笑)。 そして、そうは見えないかもしれませんが、「あっぴい」は主婦なんです。 「あぱぱ」は主婦の再就職を応援する求人誌なので、キャラクターも主婦にしました。 パパや2人の子どもたちも「あぱぱ」の中で頑張ってくれています。 ちなみに「あっぴい」という名前は、このキャラクターが生まれた時に読者のみなさまへの公募で決定しました。 「あぱぱでお仕事が決まってハッピー♪」という意味が込められています。 「あっぴい」一家を描いてくれているのは、イラストレーターの木村祥子さん。 JA全農ふくれん「福岡県産米」のキャラクター「めし丸くん」も描かれている方です。 TVCMにもよく登場する「めし丸くん」なので、ご存知の方も多いと思います。 あの有名な「めし丸くん」と「あっぴい」が兄妹みたいなものだというのは、密かな自慢♪ いつの日か「あっぴい」が、「めし丸くん」と同じくらい有名になるといいなぁと思っています。 その他、「あぱぱ」を親しんでいただくために取り組んでいることなど 詳しい内容はコチラ↓ http://www.apapanet.com/contents/manual/manual_170515.html #転職 #復職 #アルバイト #パート #主婦

閲覧回数36 pv