宇宙好きにとっての七夕は、「伝統的七夕」の日。今年は8月28日!

今年の7月7日、今日は東日本でいい天気!
西日本では雨で大変・・・ですが。
それはあくまで、イベントとしての太陽暦での七夕です。
ですので、昔から親しまれてきた、本来の七夕ではないんですね。

願い事を笹に書き入れて楽しむ、今の七夕を決して批判しているわけではありません。
みんなでたのしむ七夕のイベントとしてはとっても楽しいです。ですが、じゃあ星空もそうなっているかといえば、ちょっと違います。

本来の七夕は旧暦の7月7日。つまり、月齢です。今年の本来の七夕の空を楽しめる日は8月28日。
ですので、夜空の七夕を楽しむのなら、8月28に天体望遠鏡をもって、夜空を観察してみましょう。

このことは、「伝統的七夕」として、国立天文台からも伝えられています。

https://www.nao.ac.jp/faq/a0310.html


SOURCE : www.nao.ac.jp



投稿日2017年7月7日    閲覧回数 17 pv



この記事をSNSでシェアする